カウンターテーブルにひじをついてスマホを見ているジェシカさん。豊満な肉体の彼女は施設長にいちばんからかわれたという

《外国人スタッフなので「会話の内容を聞かれてしまう」「手紙や書類を見られてしまう」といった心配はございません。日本人スタッフだとどうしても気にしてしまう「気遣い」も不要です》

 介護サービス業大手のニチイ学館は、家事代行サービスにおける「フィリピン人スタッフのメリット」と称して冒頭の広告を自社のホームページに掲載した。

「外国人差別だ!」「失礼すぎる!」

 目にした利用者からの批判は瞬く間に広がり、昨年11月から掲載されていたこの広告は1月8日、ニチイ学館のホームページから削除され、かわりに謝罪文が載った。

「外国人だから日本語がわからないという決めつけがそもそもひどい。時代錯誤です」

 と、介護職員の上田雄一さん(56・仮名)は憤るが、

「でも実際に家事代行サービスや介護現場でのフィリピン人女性への扱いは特にひどい」と明かす。

セクハラは日常茶飯事だった

 フィリピン人のジェシカさん(29・仮名)は、4年前に介護留学生として来日。

「国に残っている家族に送金したいのと、憧れの日本で人助けができる仕事だと聞いて喜んで来日しました」

 埼玉県内の介護施設で働き、手取り月収は約15万円。その中から5万円を仕送りしていた。待遇面での不満は特になかったというが、

「私が最初に担当していたのは要介護1とか2のご老人でそのときすごく大変でした」

 要介護の数字は増えるほど重度を示すため、比較的介助を必要としない1~2で大変だったのには別の理由があった。

「セクハラがひどかったんですよ。利用者のご老人もまだ70歳とかで全然、若いよ。だから元気いっぱい。

 介護やるにはある程度の日本語は必須条件です。だから基礎的な日本語はわかっていたんだけど、いわゆるシモの話、エロ話はわからないわけよ。それを面白がられてね」

 言葉によるセクハラは日常茶飯事だったという。

「性器の名前を言わされたり、入浴介助をしていたら男性利用者のアソコが大きくなっちゃったりしてね。それは生理現象だからしょうがないんだけど“ボッキ”と言わされてそれでげらげら笑われたり」