満島真之介 撮影/佐藤靖彦

 俳優にとって、作品や役との出会いはある程度、運任せ。でも、時には「運命」を感じることがある。満島真之介さんにとって『チャイメリカ』は、まさにそんな一作だという。

“兄貴”田中圭の犬っぽい愛くるしさ

「奇跡のようなタイミングが、バチッとハマった感じなんです。この作品のモチーフ、天安門事件が起こった1989年は平成が始まった年。その年に生まれた僕が、ちょうど年号が変わる前の平成最後の瞬間、20代最後のときにこれをやれる。“次にやるべきことが来た!”って震えましたね

 しかし、即断ではなかった。絶対条件は、そこに共演者として田中圭さんがいるということ。3年前に舞台『夜への長い旅路』で兄弟役を演じて以来、敬愛してやまない存在だ。

「圭さんがいなかったら今回、僕はこの作品に向き合う一歩が出なかっただろうし、圭さんも同じだと思う。僕はきょうだいの中で兄だけがいないので“兄貴がほしいな”ってずーっと思いながら生きてきたんです。3年前に圭さんとお会いして、“ああ、愛くるしい兄貴的存在に出会っちゃったな”と思ったんです。どうしようもないなってところもあるんだけど(笑)、最高なんですよ、ほんっとに!

 時代がいま、圭さんの魅力に気づき始めたみたいですけど、この人は何も変わらない。そこが僕は好きです。時代や世間がどうとかじゃなくて“俺は俺で生きてるからさ”という軽やかさがあるんだけど、実はめちゃめちゃいろんなことに真剣。しかも、いたずらしてくる犬みたいに放っておけない愛くるしさなんです。たまに甘噛(あまが)みしてくる、そんな感じです(笑)。痛いけど、何日かすると“また噛まれたい”と思ってしまう(笑)。僕は子犬のようにずっと尻尾を振ってますけどね!」

 物語は、天安門事件に居合わせ、戦車に立ちはだかる中国人の写真を撮ったアメリカ人ジョー・スコフィールド(田中さん)が、20数年後に衝撃の事実と出会うというもの。満島さんは、ジョーの中国人の友で、深い喪失を抱えたヂャン・リン役を演じる。

「台本を読んだときに思ったんです。ジョーとリンって役を演じる人たちが芝居で絆をつくるだけじゃ弱いなって。だから圭さんとやらなきゃダメだったんです。僕はいつも、いまも圭さんのことを思ってますから。これは届いているんですよ。圭さんも僕のことを思ってくれていれば、同じ場所にいなくても、僕の中にはいつも田中圭がいるんです。そこまでの関係性があれば舞台の上でも同じシーンがなくたって、お客さんが見たとき“実際にはここにいないのに、いないはずの人が確かにいる”という存在を感じられますから。役者人生って出会いと別れの繰り返しだから、瞬間瞬間に思い切り愛情を注ぎたいですね