おかしな髪型をする鳥山裕哉容疑者(SNSより)

「事件当日も、午前中は通常どおり勤務をしていました。お昼過ぎくらいに“頭が痛い、吐き気がする”ということで早退をしました」(前橋市役所・総務部職員課)

 早退後、男は市内の自宅にいったん戻ってから、元交際相手の金井貴美香さん(22)の勤務先、埼玉県さいたま市へと向かった。刃渡り20センチの包丁を手に、ビルの5階に身を潜めていたという。

「(発生時間は)1月23日午後5時56分ごろ。頸部などを切りつけ、殺害の目的は遂げられなかったものの、被害者は午後7時、搬送先病院において死亡が確認されました」

 と捜査関係者。強い計画性をにおわせる。

堕落した「浪ニート」時代

 同日、殺人未遂容疑で逮捕されたのは、群馬県前橋市の鳥山裕哉容疑者(25)。前橋市職員だった。

「勤務はまじめに取り組み、遅刻などもありませんでした。人間関係のトラブルも聞いていません。橋や道路関係の補修・修理を担当していました」(前出・総務部職員課)

 地元の進学校、県立前橋高校を卒業後、2浪し、筑波大学に入学。金井さんが就職した時期に合わせたのか、自分も大学を中退し、昨年4月1日付で市職員になった。

 高校時代、鳥山容疑者はクイズ研究会に所属。同研究会は全国高等学校クイズ選手権本戦への出場を目指していた。

 現在、「クイズプレーヤー」として活躍している「東大最強の知識王」が、開成高校チームの一員として第30回、第31回大会で全国制覇2連覇を達成した時代。鳥山容疑者も高校生クイズの世界でしのぎを削っていたとみられるが、群馬県予選の決勝戦(第30回)で他校に敗退し、夢はついえた。

 高校卒業後は、「浪ニート」と本人が名づける堕落した浪人生活を送っていた。その際《予備校の次ぐらいに長い時間を過ごしたと思われる利根川》(容疑者のフェイスブックより)というほど、鳥山容疑者は川が大好きだった。その理由は《川の周辺には人間を追い詰める全てのものが排除されていてやっぱりいいなぁと思います》