又吉が考える絶景とは

「九州の花火大会に行ったとき、企業提供の大きな花火が続く中、“〇〇、結婚しよう!”というプロポーズとともに、個人による花火が打ち上がったんです。それまでとは比較にならないぐらい小さな花火に、僕は笑いながらも、泣きそうになって。そしたらその場にいたお客さんたちが、それまでのどんな豪華な花火よりも大きな拍手をして、そのプロポーズを盛り上げようとしてくれたんです。

又吉直樹 撮影/吉岡竜紀
すべての写真を見る

 そのときに民衆の力、企業の資本にも打ち勝つ“愛の力”を感じて、めちゃくちゃ感動したんです。だから絶景って、富士山などのような美しい景色だけじゃなく、日常の中にもあるものなんだなって思います

 出演者には、かつて同居していた向井慧(パンサー)や児玉智洋(サルゴリラ)の名前も。もう一緒に住む予定はない?

「関係性は今でも変わっていません。僕自身は今の家が1部屋空いているので、後輩と住むのは全然アリ。ただ、僕が後輩にキツく言わないから、後輩芸人としての動きができなくなってしまうらしく。

 ほかの先輩芸人から怒られてしまうみたいなので、それは向井や児玉にとってよくないな……と。逆に向井なんかは平気で僕に“又吉さんつまんない”とダメ出しをしてくる。だから僕は後輩に面白いと思われたくて、こうして頑張れるんですけどね(笑)

さよなら、絶景雑技団2019本公演
出演/ピース又吉、しずる、ライス、サルゴリラ、パンサー向井ほか。
3月22日~24日、東京・三越劇場。
前売り6000円。当日6500円。