『いだてん』で三島弥彦を演じる生田斗真 (c)NHK

「宮藤(官九郎)さんと何度かご一緒させていただいているんですが、宮藤さんが脚本だと、もれなく毎回、脱ぐ役なんです(笑)。まさか大河ドラマで毎週、僕の裸が映るなんて、想像もしていませんでした

 大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』で、三島弥彦を演じている生田斗真。’14年放送の『軍師官兵衛』以来、大河ドラマは5年ぶり2度目の出演だ。

「今作ではあまり“大河に出ている”という感じがしないんです。近代が舞台だから、武将も出てこない。でも、そういった概念を壊した“新しい大河を作って、日本を元気にしたい”という気持ちがスタッフたちからもすごく伝わってきていて。僕も、みなさんがこのドラマを見て、月曜日への活力になるようなものを作りたいと思っています

 頭脳明晰で運動神経もバツグン、まさに“スポーツの覇王”と呼ばれていた三島。“日本初のスポーツクラブ”として知られる“TNG”こと天狗倶楽部の一員として、物語を盛り上げる。

「実際の三島さんのお写真を見ると、とても体格の大きいがっしりとした方なので、まずは身体から説得力を持たせられるよう、撮影前からずっとトレーニングをしていました。特に“食べること”も大切だと思っていて。天狗倶楽部のメンバーで、撮影終わりに焼き肉に行くと“天狗倶楽部なら、米の大(サイズ)食べるでしょ!?”という流れに、自然となります(笑)

 三島と金栗が、日本人として初めて出場したストックホルムオリンピック(1912年開催)の様子もこれから細かく描かれていくが、

「今では“今回は何個メダルを持って帰ってきてくれるかな”という感覚でオリンピックを見ていますが、当時からすると想像もできないこと。金栗も三島も、初めて外国人選手を目の当たりにして、戦って“これは勝てない”と痛感し、結果でも、気持ちの面でもボコボコにされて帰ってきて。そこからどれだけの努力と苦労があって、今の日本の強さがあるのかと思うと、来年の東京オリンピックへの見方も、大きく変わってくるんではないでしょうか