柄本弾 撮影/高梨俊浩

「わぁっ」

 黒いレオタード姿で瞳を輝かせる小学生の女の子の声が漏れる。視線の先には、“ギリシャ彫刻のような”と評される肉体を持つバレエ界の若きスター、柄本弾(29)が。

 3月15日から17日まで東京文化会館で行われる東京バレエ団『海賊』で男性の主人公コンラッドを演じる。

この作品は、男のバレエと言われるくらい男性の登場人物が多いんです。テクニックが難しかったり、体力が必要だったり、役によってつらさはそれぞれですが、“しんどい”と思う瞬間がある。そんなとき共演者である仲間の存在が大きいですね。仲間がいるから頑張れる

『海賊』は、18世紀から19世紀に活躍した詩人バイロンの長編物語詩をもとに創作された華やかなバレエ作品。バザール(市場)を訪れた海賊のコンラッドは、競りにかけられた奴隷の少女メドーラと恋に落ちる。

 だが、彼女は一帯を統治するパーシャに買われてしまう。ふたりはいったいどうなるのかを描いた作品は、とにかく男性の見せ場が多い。特にコンラッドを演じる柄本は出ずっぱり。男性美あふれる力強い踊りに、ヒロインの女性を高々と持ち上げてリフトし、甘い微笑みを浮かべる姿に、ときめかない人はいないはず。

もちろん映像でも見ることができますが、バレエは生のもの。セリフがないからこそ、内から表現しようとする濃いものが出てくると思います。だからこそ、キャストが違えば個性がまったく違う役柄になる。

 特に、今回の『海賊』という作品は、それぞれの男性ダンサーのよさを引き出そうと、少し振りを変えていたりするので、見どころが違ってくると思います。基本的にダンサーって負けず嫌いなので、ここは絶対に負けない! というものがありますから」