「きゃーっ、助けてー」

 女性の悲鳴が聞こえてきたとき、同じ敷地内に住むアパートオーナーの男性はすぐさま家を飛び出した。悲鳴の出どころを確認すると2階のベランダでもみ合いになっている男女の姿があったという。

「外に出たとき、携帯電話を持っていませんでした。女性は悲鳴を上げ続けていたので早いほうがいいだろうと思って、ちょうどその場で郵便局員も騒動の様子を目撃していたので、携帯持っていますか? と聞いて110番通報してもらいました」

 東京・杉並区のアパートで3月26日昼、乳児院に勤める保育士の照井津久美さん(32)が刺され、殺害された。

現場から逃げる男を目撃

 捜査関係者は、

「ベランダの窓ガラスの一部が壊されている状況があります。クレセント部分を壊し、侵入した。遺体は発見時、あお向けの状態でした。被害者の財布は被害者の使っていたバッグ内に残っていて、現金も入っていました。

 凶器は現場の包丁。司法解剖の結果、死因は刺し傷による失血死。致命的なのは背中左の傷による失血死だと思われます」

照井さん宅のベランダを調べる捜査員=4日

 乳児院での泊まり勤務の後、カレーショップで昼食をとり自宅に戻ってきた照井さんが見たものは、そこにいるはずのない、だが、よく知った顔だったに違いない。

 3月30日に殺人容疑で逮捕されたのは、照井さんと同じ乳児院に勤める保育士、松岡佑輔容疑者(31)。

 目撃情報は「年齢30~35歳。身長160~165センチ、ひざ丈の黒色のコートを着た男。髪は普通で耳が出るくらい。長髪でも短髪でもない」というものだった。

 現場から逃げる男の姿を、冒頭のアパートオーナーも目撃していた。

「(悠々と?)そうですね。ひとり、でした」

 事件現場は、西武新宿線下井草駅の南西約550メートルの静かな住宅街。不審者やストーカー情報などについても、

「まったく聞いたことはないですね。わりと静かな町ですからね」

 と、事件直後の近隣女性住民は怯えていた。

 そこからわずか1キロしか離れていないところに、松岡容疑者が暮らすアパートはある。いつから住んでいたのか、何人かの住人は、

「ここ1~2年くらいだと思いますけどね」

 と松岡容疑者の顔を見かけた時期を、そう振り返る。