写真右側の木の近くで2人組がもめている様子。この後に刃物で刺したかのような動きをして、片方が地面へと倒れる様子が映っている(ツイッターより)

 “殺人ドッキリ”

 やらかした張本人らは、自分たちが仕掛けた動画を、そう軽い感じで呼ぶ。

 3月15日、ツイッターに、衝撃的な動画が投稿された。

 その映像は“2人の男性らしき人影。揉み合った末にひとりがもうひとりを刺すような”内容。そこに女性の怯えるような声が「えっ、ウソでしょ……」とかぶさる。さらに書き込みが拍車をかける。

 “みんなにお願いがあります。この動画拡散してください。この人が倒れた後にすぐに通報しました。ナイフか何かの刃物で刺されたみたいです。犯人はまだ捕まっていません”

承認欲求が暴走する若者たち

 犯行の決定的瞬間に110番通報がありネット上には情報が拡散された。だがこの動画、まったくのウソ、フェイク、作り物だったのである。

 警視庁町田署は4月、軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで、町田市の会社員ら20代の男女4人を書類送検した。

 その中のひとりと名乗るパンクバンドに所属する男性は、YouTubeに土下座動画を発表したが、謝罪は、

「今回殺人ドッキリで怖がってしまった方、心配をかけてしまった方、本当に申し訳ございませんでした」

 など一部だけ……。挑発的内容も含まれている。

 2016年の熊本地震でも、

《おいふざけんな、地震のせいでうちの近くの動物園からライオン放たれたんだが》とのデマが、深夜の街を徘徊するライオンの写真とともにツイッターに投稿された。

熊本地震で動物園のライオンが脱走したとする投稿(ツイッターより)

 偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、神奈川県に住む当時20歳の男性だった。

「犯人が逃走している、猛獣が逃げたという投稿は比較的、若年層が多いというイメージ。投稿で注目を浴びたいと承認欲求が暴走している。反応する人を見て楽しんでいる、深く考えていない愉快犯が多い」

 自作自演で罰せられるケースをそう分析するのはネットのトラブルに詳しい服部啓法律事務所の深澤諭史弁護士。また、誰かが発信したウソを拡散したばかりに、加害者になるケースもある。

「悪いやつを攻撃したい。悪いやつを攻撃することは正義なんだと、どんどん暴走してしまう」(前出・深澤弁護士)