「『あさイチ』を辞めてから、1年がたちました。イノッチと有働さんとはときどきメールで近況を報告し合っていて、たまに“見ました~!”って連絡をくれるんです。

 有働さんのメールはいつもテンション高め(笑)。“近々3人で飲もうよ”なんて話も出ているところです」

 V6井ノ原快彦、有働由美子アナウンサーとともにNHK『あさイチ』の初代キャスターを務め、“ヤナギー”の愛称で親しまれていた柳澤秀夫(65)。昨年3月、3人そろって番組を卒業。さらに9月にはNHKを退局したが、

「NHKを辞めたばかりのときは“何で辞めたんですか!”と、よく聞かれました。何か悪いことをしたんじゃないか、みたいな(笑)。

 60歳で定年を迎えて、65歳までは1年更新の契約、それ以上は雇用契約がないんですよ。辞めた後のことは当初、何も考えてなくて。田舎に帰ってのんびり過ごそうかなぁ、なんて考えていた時期もありました

 と笑顔で語る。だが、彼は現役を引退しなかった。現在、昼のワイドショーのコメンテーターにレギュラー出演するなど、新たな1歩を踏み出したヤナギー。その仕事現場&マル秘プライベートに密着!

定年後は“キョウヨウ”と“キョウイク”が大事

「おはようございます!」

 朝7時半過ぎ、テレビ局に到着した柳澤。眠そうな気配は一切なく、

「前(『あさイチ』時代)は、もっと早かったですからね(笑)」

 と笑顔で答え、着いてひと息つく間もなくスタッフとの打ち合わせに取りかかる。

テレビ朝日『大下容子ワイド!スクランブル』(毎週〜金曜日 午前10時25分から ※一部地域を除く)に柳澤は水曜日、金曜日のコメンテーターとしてレギュラー出演中 撮影/山田智絵

 昨年の10月に民放デビュー。現在、『大下容子ワイド!スクランブル』にコメンテーターとして出演しているが、そのきっかけは、何だったのだろうか。

NHKを辞めたら何しようかなと考えていたときに、たまたま“10月から番組が新しくなるから出てみませんか”と、声をかけていただいたんです。実は当時、マスメディアの世界から退くことも考えていて。星が好きなので天文台の守衛さんもいいなとか(笑)。

 でも、定年を迎えた先輩にずっと言われていたんですよ。“キョウヨウ”と“キョウイク”、この2つを大事にしなさいって

 “教養”と“教育”?

「それが“今日の用”“今日行く”っていうダジャレで(笑)。何もしないのはよくない、週に何回かでも仕事をしたほうがいいと。それに家でゴロゴロしてると、カミさんにシッシッてやられちゃうので(笑)」