愛用者がギターを持った写真を送ってくれる。こちらはキムタク

「ウソでしょ?」

 1980年代のある日、『K.Yairi』のギターブランドを手がける『ヤイリギター』の職人・松尾浩さんは、最終サウンドチェックを任された3本の左利き用ギター(YD─88)についた申し送りメモを見て驚いた。

《ポール・マッカートニー氏が気に入れば世界ツアーに使う予定─》

 しばらくすると、ポール側から連絡があり、「3本の中の1本の状態が非常に良好なので、ツアーに採用する」と伝えてきた。

熱狂的なファンが続々

 当時を振り返って松尾さんが言う。

世界ツアーのブラジル公演で、ポールがうちのYD─88を弾いて『イエスタデイ』を歌う映像が残っています。あれは感激でしたね。当時、アイルランドのバンド・U2なども、うちのギターを好んで使っていました。きっとポールは音楽関係者からヤイリのギターを紹介されたのかもしれませんね。

 でも、ポールが採用してくれたおかげで、日本でもたくさんのポールファンのミュージシャンが同じモデルを採用してくれるようになりました」

 岐阜県可児市─。愛知県との県境に位置し、名古屋市のベッドタウンでもあるこの町に、多くの熱狂的なファンを持つヤイリギターはある。

「工場見学も行っていて1日中いらっしゃる人もいます」と矢入社長(右)

 愛用者はポール・マッカートニーのほか、海外ではエリック・クラプトン、カルロス・サンタナ、リッチー・ブラックモアなど。日本でも桑田佳祐、桜井和寿、吉井和哉、木村拓哉など、錚々(そうそう)たる顔ぶれだ。

「ミュージシャン同士のネットワーク、先輩後輩などの口コミで広がっているみたいですね。うちはリペアもやっているので、ミュージシャンから手紙つきでリペアのリクエストが来ますよ。どんどんリクエストが変わってくる人もいます。すごくマニアックな音にこだわっていたり。ツアーごとにギターを替える人もいますからね」