メンバー全員がラーメン大好き! ライブ後に4人で麺をすする機会も多いとか。それぞれラーメンに思い出のあるThinking Dogsが、女性から“モテるラーメン”を探して、新横浜にある『ラーメン博物館』へ行ってきました。

◆Thinking Dogsとは…
 2015年『世界は終わらない』でメジャーデビューした、TSUBASA(ボーカル)、大輝(ドラム)、Jun(ギター)、わちゅ~(ベース)の男子4人によるJ-POPロックバンド。メンバー全員、同じ家に住み共同生活は4年目に突入。平均年齢28歳。
 4人が暮らす4LDKの一軒家『わんわんハウス』。閑静な住宅街にあり、町内会もあれば掃除当番や回覧板も回ってくる。「男子4人、それもバンドマン」という入居者を許してくれる家があまりなく、部屋探しは難航したとのこと。1階はわちゅ~の部屋とキッチン、リビング、トイレが、2階にはTSUBASA、大輝、Junの部屋とバス・トイレがある。

ラーメン大好きThinking Dogsさん

TSUBASA「Junって、何気に身体が丈夫だよね?」

Jun「うん、“ラーメン健康法”をやってるからね!」

大輝「何それ?」

Jun「毎日1~2杯ラーメンを食べるようにしたら、元気が満ちあふれてインフルエンザにもかからなかった!」(※Junさん個人の見解です)

わちゅ~「え〜!? ホント?」

大輝「Junさん、どんなラーメンが好きなの?」

Jun「背脂豚骨醤油・太麺・固めか、豚骨・細麺・バリカタかな?」

TSUBASA「こまかい(笑)。僕は、醤油か醤油豚骨か、魚介豚骨。麺は太麺が好き」

わちゅ~「ワタシは濃厚な味噌か豚骨醤油。こってり系!」

大輝「わちゅ~さん、あんまりこってりのイメージないけど?」

わちゅ~「意外? 高校生のときは家系ラーメンが好きで、大学生のとき出会った濃厚味噌ラーメンにハマって、こってり系が好きになったの。“麺かため・油少なめ・味濃いめ”が好み!

大輝「僕は豚骨スープにストレートの細麺がいちばん好き。でも最近は、あまり手をつけてこなかった醤油ラーメンのおいしい店探しにハマってる(笑)」

TSUBASA「ラーメンっていえばさ、小さいころ母と妹とラーメンを食べに行ったことがあるんだけど……。僕も妹もおやつを食べたばかりで、あんまりお腹がすいてなくて、一杯のラーメンを3人で食べてたの。そうしたら店主さんが気を遣って、もう一杯ラーメンを持ってきてくれたんだよね!」

わちゅ~「えっ、優しい!」

TSUBASA「事情を話したら、店主さんも交えてみんなで大笑い! せっかくなので、もう一杯のラーメンもおいしくいただきました」

Jun「いい話だね」

TSUBASA「うん、幼いながら“店主さんみたいに、こういうことができるカッコいい男になりたい!”と思ったことを覚えてるよ」

大輝「ラーメンって素敵だね……! 僕はラーメン好きが高じて、大学生時代に友達とイチからラーメンを作ったことがあるよ。スープはもちろん、チャーシューも!」

わちゅ〜「チャーシューまでってすごいね!」

なぁ、デートでラーメンはダメなのかい?

わちゅ~「僕ら、ライブのあとお酒は飲まないけど、ラーメンは食べに行くよね!」

TSUBASA「いいよね、ラーメン。でも、デートでラーメンはイヤ! っていう女性って多くない?」

わちゅ~「特別感がないからかな? モテるラーメンならいいんじゃない?」

Jun「え、そんなのある?(笑)」

 ということで、4人がやってきたのは今年開館25周年になるラーメンのアミューズメントパーク『新横浜ラーメン博物館』。昭和30年代の町並みを再現した館内で、話題のラーメンをいろいろ味わえるスポットです♪

 さっそく、メンバーが選んだ“モテるラーメン”を、順番にチェック!!

TSUBASAセレクト★

 本店は予約1か月待ち! デートにもおすすめの『無垢-muku-ツヴァイテ』

【モテPOINT】
 本店がドイツというおしゃれ感! 高級料理のような特別感も味わえて、気分が高まります!!

無垢ラーメン(900円)“うまみの層”が表面を覆ったオリジナルスープは、忘れ得ぬおいしさ!

TSUBASAドイツに本店を構えるこのお店。本店で食べるにはなんと1か月待ちの予約が必要とのことで選びました! スープは魚介とんこつで、味が二層に分かれているという初めての感覚。スープに絶妙に絡み合う太麺が相性抜群です! それだけでなく、あぶりと低温調理、二種類のチャーシューが入っていて、これがドイツビールにぴったり。一杯で味わうポイントがたくさんある、高級料理のようなラーメンでした♪」

写真映えもレア感もおいしさもバッチリ! ピットブルガー(ドイツビール)をお供にいただきました♪
清水店長に聞いてみた!

「オススメは“無垢ラーメン”です。無垢店内の『Japanese Craft Sake Bar』で豊富なサイドメニューと厳選された日本酒を楽しんでいただき、〆にラーメンというお食事スタイルはいかがでしょう? 当店は、すべて自然の食材から味を抽出し、化学調味料などの食品添加物を一切使用しない、素材が活きる“純粋な料理としてのラーメン”を目指しています。お子様からご高齢の方まで、みなさまに安心してお召し上がりいただけます!」

大輝セレクト★

 濃厚な博多ラーメンの神髄! 博多・薬院『八ちゃんラーメン』

【モテPOINT】
 博多本店は夜間(21時~深夜2時半)のみ営業。「夜遅くのラーメンはダイエット的に気になる」という女子も、ここなら明るい時間から食べられて安心!

ラーメン(750円)香ばしくてとろみのある“超濃厚スープ”がやみつきに

大輝「豚骨スープにストレートの細麺の博多ラーメンが好きなので選びました! 以前、ライブで福岡遠征をしたとき、別のお店で食べたラーメンは豚骨にしてはわりとアッサリしていた印象でしたが、“八ちゃんラーメン”さんはスープが濃厚で、味の濃さも自分の思う“これぞ豚骨ラーメン!”って感じでとても好みでした。

 お店の方のオススメで注文した“一口餃子”は、名前のとおり一口サイズの大きさで、“ラーメン一杯だとちょっと物足りない”という方にはちょうどいいメニューだと思います。皮がパリパリで、とてもおいしかったです!」

八ちゃんラーメンの中谷店長と! 小ぶりでかわいい一口餃子は550円。
中谷店長に聞いてみた!

「当店の自慢は、特注の羽釜を使い高火力で長時間煮出した豚100%のスープと、それに絡む平打ち極細麺です。豚骨ラーメン一本なので、もちろんオススメは“ラーメン”! スタッフが毎日手包みしているワンタンもオススメです。また、一口餃子は皮から手作りしています。数に限りがありますので、完売していなければぜひ!」

Junセレクト★

 ミシュランもうならせた、焼き醤油! 北海道・利尻島『利尻らーめん味楽』

【モテPOINT】
 ミシュランガイド北海道2012特別版、2017特別版ビブグルマンに選ばれた名店。北海道・利尻島の本店は、営業時間2時間半のみ(!)という激レアぶり。

焼き醤油らーめん(900円)に、チャーシューをトッピング!

Jun「普段こってり系ラーメンばかり食べているので、あっさり系を攻めてみようと思い選びました。焼き醤油の香ばしい香りと奥行きのあるだしがたまらない! 追加オーダーした、脂ののったチャーシューとスープのバランスが絶妙で大正解でした!

利尻昆布のうまみがみなぎる! 海の恵みに癒される一杯☆
江刺家店長に聞いてみた!

「当店のこだわりは、利尻島産の利尻昆布をふんだんに使った濃厚だしと野菜と動物系の炊き出しスープを合わせたダブルスープ! このベースを使い、特製醤油だれを焼いて作っています。ぜひ『焼き醤油らーめん』をご賞味いただきたいですね。オススメのトッピングは、“利尻昆布のとろろ昆布”、それに昆布だしとかつおだしで作る“味つけ玉子”です!

わちゅ~セレクト★

 ホットな“からみそ”がクセになる! 山形『龍上海本店』

【モテPOINT】
 昭和35年、山形は赤湯で生まれた“からみそラーメン”のパイオニア。他の辛味噌と一線を画し、元祖ならではの奥行きあるうまみを楽しめる!

赤湯からみそラーメン(870円)真っ赤な“からみそ”がアクセント!

わちゅ~「濃厚な味噌ラーメンと辛いものが大好きな僕にとって、最高の組み合わせだったので、こちらに即決! どんぶりにバランスよく盛られた“赤湯からみそラーメン”はネギの緑にチャーシューの茶色、真ん中に鎮座する真っ赤なからみそが色みを豊かに……。ほどよくとろみのついたスープは、しょっぱすぎずマイルドな味わい。

 ほんのり磯の香りのする濃厚な味噌のうまみを、モチモチした縮れ太麺が絡めとってくれます。龍上海の代名詞ともいえる真っ赤なからみそは、溶かすたびにピリッとした辛さが広がり、最後まで飽きることなく楽しめました!」

龍上海本店・原田店長と♪
原田店長に聞いてみた

「龍上海の代名詞といえば、“赤湯からみそラーメン”! ぜひお召し上がりいただきたいですね。手もみされたモチモチの自家製麺は、山形の本店から直送されているんですよ。オススメのトッピングはネギでしょうか。常連さんによく頼まれます!」

 以上、個性豊かな4店舗。あなたのお好みは、誰セレクトのラーメンでしたか?

“ラー博”全体の見どころも聞いてみました

Q.効率よくお店を回るコツは?

A.「魅力的なラーメン店が8店舗(2019年4月現在)ありますので、ミニラーメン(レギュラーサイズの3/5程度)を複数店の食べ歩きをされるのがオススメ。また、お昼時は混雑してしまいますので、時間をずらし15時~18時ごろにご来館いただくと、比較的スムーズにご案内ができます!!」(営業戦略事業部・栗原さん)

 館内の展示を見たり、ショッピングを楽しみながら、いろんなラーメンを制覇するのもよさそう!

 Thinking Dogsおすすめのラーメンも、ぜひ食べてみてください♪

昭和レトロな雰囲気の館内には撮影スポットがたくさん。タイムスリップした気分で遊べます♪
今回ご協力いただいたのは……
新横浜ラーメン博物館(http://www.raumen.co.jp/

「新横浜ラーメン博物館は、単に銘店の味が味わえるだけでなく、1994年の開館以降、四半世紀以上かけてラーメンの文化と歴史を調査してきました。25周年を迎えた本年は、ラーメンの歴史展示エリアを6月にリニューアルする予定があり、より魅力的な博物館を目指します! また、開館前から口説き続けた博多の銘店“八ちゃんラーメン”は、25周年記念日の2019年3月6日にオープンしたばかり。連日大盛況となっております」(栗原さん)

 次回は、日本の“アレ”をほろ酔い気分でお勉強!? どうぞお楽しみに!!

 連載と連動したTwitter(@sjprime_TD)では、取材こぼれ話や秘蔵写真も楽しめます。

【Thinking Dogsからお知らせ】
◆5月1日(祝・水)柏ThumbUp
「祝!新元号『??』Start of a Special Day」
◆5月11日(土)立川HeartBeat
「LIFriends6DAYSスペシャル対バンライブ【仲間】~DAY1~」
◆5月12日(日)渋谷STAR LOUNGE
「CONNECT YEAR 2019-対バン編-」
◆5月24日(金)代官山LOOP
「mellow out vol.3」
◆5月25日(土)蒲郡ラグーナビーチ
「AirAsia Presents メ〜テレMUSIC WAVE 2019〜踊るラグーナビーチ〜」
◆5月26日(日)茨城県水戸市千波湖(ふれあい広場)
「茨城総合物産音楽フェスティバル2019」
◆5月29日(水)TSUTAYA O-Crest
Thinking Dogs presents「DOG'S CIRCLE vol.2」
◆6月15日(土)渋谷ストリームホール
Thinking Dogs「4th ANNIVERSARY One-man SHOW」
昼:One-man SHOW〜Acoustic Floor LIVE〜
夜:One-man SHOW〜4th ANNIVERSARY LIVE〜


<撮影/吉岡竜紀 構成/Office Victorianjet>