BOYS AND MEN 撮影/佐藤靖彦

 メローなロック調が、「新たなボイメンで新鮮!」と話題のBOYS AND MENのニューシングル『頭の中のフィルム』。5月29日の発売を目の前にして、メンバーの“頭の中の思い出のフィルム”を公開してもらいました。

田村「思い出のフィルム? いっぱいあるなあ。ドラマみたいな胸キュン恋愛話をしてもいい?」

土田タムタムにそんな恋バナがあるなら、どうぞ

田村「中学校で憧れてた先輩から偶然、“田村くんは好きな人、いるの?”って聞かれて。とっさに、先輩の向こう側にいた友達を指さしちゃったわけ。それ以来、ずーっと“〇〇さんが好きなんだって?”って、からかわれ続けたんだけど先輩が中学を卒業した日。家を訪ねて、玄関に出てきた先輩をつかまえて、モジモジしているうちに告白まで5時間。で、結果フラレたっていう話、します?

土田「今、全部話したから!」

勇翔「僕は高校行事かな。マラソン大会で、隣の市とその隣の市の、全学年が一緒になって走ったんだけど」

田村「全部で10人くらい?」

勇翔「そんな少なくないって(笑)。900人くらいが一気に走って、すごい迫力だったことを思い出します」

土田「僕は専門学校でのペーパークラフトの授業。下手すぎて実技テストで最低点をとって悪い見本になった」

辻本「はい! 僕は野球」

本田「でしょうね、辻ちゃんは。野球と野球と、ときどきサッカーでしょ?」

辻本「具体的にはもっとあるし。学生のころはやっぱり練習がむちゃくちゃエラいんで、それを乗り越えてリーグ優勝したことは一生忘れない

本田「それ以来、人生2回戦負けがずっと続いてるもんね」

辻本「誰が2回戦負けじゃ!」

小林「B ONE SOUL(ビーワンソウル)って知ってる?」

辻本人の話聞いてた? ゆーちゃむ、野球にまったく興味ないでしょ」

小林うん。で、B ONE SOULってね、ヒップホッパーのファッションなんだけど、中学のころに流行ってハマった時期があったの。ラッパーみたいな自分が頭に浮かんだ。母親から、“アンタ、サイズ合ってへんで”って」

本田「似合わなそ〜(笑)」

吉原「僕も小、中とやっていた野球のシーンを思い出します。練習場まで自転車で片道1時間半かかるんだけど、あのころは遠いと感じなかった距離は、今思うと信じられない。メンバーと何を話すでもなく1時間半、自転車でタラタラと往復したのが懐かしい」

平松「中学校で応援団長になったこと! それまではバスケ部の誰かが団長になっていたのに、その年は僕がみんなに推されて。本番当日、団員が立ち位置についた瞬間、ザーッと雨が降ってきて、“うわ〜っ、これ絵になるじゃん”って思いながら、三三七拍子ー! って号令をかけたけど、雨音に声が負けてしまい本番がバラバラだった、という」

水野「カッコいいじゃない。僕は大学で失恋した男子を慰めるために、“夕日を見に行こうぜ!”って、名古屋の名港トリトンまで、友達と原付をかっ飛ばしたのが脳裏に焼きついてる

平松「勝さんは似合うね、そういうの。やっぱり変わらないストーリー(※名港トリトンでMV撮影をしたボイメンの楽曲)だね〜」