MVの撮影エピソードを教えて!

 MV(ミュージックビデオ)の監督は品川ヒロシ。内容は、敵に捕らわれた仲間をボイメンが助けにいくハードボイルド。かつて品川が監督・脚本を務めた映画『ドロップ』を彷彿とさせる。

(左から)平松賢人、吉原雅斗、水野勝 撮影/佐藤靖彦

平松「内容も濃いうえに撮影も楽しかったです」

水野「品川さんがみんなのキャラを見抜くのが早くて」

吉原僕は、“ボーッとしてるって言われない?”と

本田「僕は “ちっちゃいね”と言われたけど、やられながらのキメるところはキメたぜ!」

辻本「小林豊が最初に敵に捕まるっていう設定は、既定路線のキャラかも」

(左から)小林豊、本田剛文、辻本達規 撮影/佐藤靖彦

小林「いやいや、僕はストーリーテラーですよ。最初にボコられて、みんなが助けにくる役なんて重要でしょう。これが土田だったら、みんな助けに行かないでしょ?

本田「まあ、ゆーちゃむもギリギリだったけど」

水野「つっちーは下手だったねー。まるでボクシング人形が戦う懐かしのおもちゃみたい、“アチョチョチョチョチョ”って

土田「僕がめちゃくちゃ弱そうだったから、バランスをとっただけだって。って、実際もパンチが下手くそすぎて、上半身肩甲骨から上腕筋まで全部、筋肉痛になりました」

田村「僕はジャンプしてパンチするんだけど、品川さんがこだわって何回も撮り直したので、上半身肩甲骨から上腕筋まで全部、筋肉痛になりました!」

(左から)勇翔、田村侑久、土田拓海 撮影/佐藤靖彦

勇翔「僕は頭突き担当で」

田村「上半身肩甲骨から上腕筋まで全部筋肉痛になりました?」

勇翔「いや、一発撮りだったからなってないです」

土田勇翔は嫌なやつって書いといてください

『頭の中のフィルム』※記事内の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします

<リリース情報>
『頭の中のフィルム』5月29日発売
通常盤 1300円(税込み)ほか
「今回はスリーピースバンド『10-FEET』のTAKUMAさんが書き下ろしてくださった、大人の雰囲気が漂うミディアムナンバーです」(水野)。『ミナミの帝王 ZERO』(関西テレビ系・木曜深夜24:25〜)主題歌

<プロフィール>ぼーいずあんどめん◎2010年に結成された、東海エリア出身・在住のメンバーによるエンターテイメント集団。’16年、「第58回輝く! 日本レコード大賞新人賞」を受賞。ソロとしてもドラマ、映画、バラエティー番組などさまざまな分野で活躍中。

<取材・文/生嶋マキ>