ツアーオーラスの東京国際フォーラムにて。記念撮影をする女性ファン/著者撮影

「これはこれで近々に絶対やりたかった事だから絶対観に来て欲しいの」
(※3月4日に更新されたJinakanishiさんのTwitterより抜粋)

 ジャニーズ事務所を離れてはや5年。

 元KAT-TUNの赤西仁さんが『変形性腰椎症』を患い、ライブ出演を断念したのは今年3月のこと。翌4月6日から全国18か所を巡る『JIN AKANISHI “THANK YOU”TOUR 2019』を控えての、苦渋の決断だった。

 予定されていた公演は、彼の独立から5年間の軌跡をたどったドキュメンタリーシネマ『JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film』の上映に変更。私も、そのツアーのオーラスとなる、5月30日、“本人不在”の東京国際フォーラム公演に参加した。

 チケット購入者には、グッズ購入に使える4000円分のギフトチケットと、最新曲『But I Miss You』のマキシシングルCD、さらには、会場によって絵柄が異なるJin×gudetamaご当地メタルキーホルダー&ダイカットステッカーの3点が特典として配られたほか、希望者の払い戻しにも応じた。

 赤西さんは現在、ソロアーティストとして活動しているので、メンバーのひとりとして欠席したわけではない。

 にもかかわらず、“オンリーワンの主役抜き”でツアー開催に踏み切れたのはなぜか?

 そこには、赤西さんとファンの並々ならぬ信頼関係があった。