6月21日に最終回を迎える『インハンド』(TBS系)は山下智久主演のドラマだが、とある“脇役”にも注目が集まっているという。

「山下さんは右手がロボットハンドの変人天才科学者・紐倉哲を演じています。助手役の濱田岳さん、美人官僚役の菜々緒さんと共演陣も豪華なんですが、キャストは人間だけじゃありません。紐倉の研究所では、犬やインコ、爬虫類などを飼っていて、毎回いろいろな動物が登場するのも楽しみのひとつです。第1話ではアジアゾウが出てきましたし、紐倉の肩にサルの一種であるコモンマーモセットが乗っかるシーンもありました」(テレビ誌ライター)

 紐倉が研究所兼自宅で飼っている犬は、サモエドという種類の大型犬。

「シベリア原産の真っ白な犬で、フサフサの体毛が特徴です。この犬はサモンという名前で、紐倉研究所の床で幸せそうに寝ている姿が“かわいい”と視聴者の間で話題に。微笑んでいるような表情に癒されると大人気なんです」(同・テレビ誌ライター)

『インハンド』(TBS系)でおなじみのサモン

 ほかにもインコのあかべぇ、コモンリスザルのあっくんなどが登場。実は、こういった“出演者”を送り出しているのが、都内にあるペットショップ『ZOO』。

 ドラマを見ていたファンのなかには、山下の“相棒”を見るために店へやってくる人も。

「サモンちゃんがいると聞いて、実際に会いに行きました。“間接山Pだ!”ってサモンちゃんをたくさん触っちゃいましたね(笑)。写真を撮るときもおとなしくて、本当にいい子でした」(山下ファンの女性)

『インハンド』で、動物たちの撮影に同行した『ZOOプロ』コーディネーターの北村まゆみさんに話を聞いた。

「山下さんは本当に動物がお好きですね。休憩中もサモンに声をかけてくださいました。サモンが駆け寄っていくシーンでは、エサを持って呼んでもらう練習にもご協力いただいたんですよ。山下さんは“かわいい~!”というテンションではなくて、自然体で動物たちとふれあう方。動物たちも安心するので、リラックスして撮影できていたと思います。菜々緒さんや濱田岳さんも、“おはよう”と声をかけてくださったり、一緒に写真を撮ってくださいました」

『ZOO』は東京都内に6店舗あり、犬や猫だけではなく、爬虫類や鳥類、魚などたくさんの種類の動物を扱っている。

「ポニーやヤギ、カピバラなどもいて、許可を取れば触ることもできるんです。“都会の動物園”なんて呼ばれていますね。『ZOOプロ』と呼ばれるテレビ、映画、雑誌で活躍するタレント動物のなかには、芸能人との共演経験が多いベテランの犬や猫もたくさんいるんですよ」(テレビ局関係者)

『ZOO』の動物たちと共演したことのあるジャニーズタレントは、山下以外にも多数いるのだそう。