「テゴマスの『ヒカリ』のPVに出ているラブラドールレトリバーのボクくんも『ZOO』の子です。手越さんは動物好きで、ボールで遊んだりしてコミュ二ケーションをとっていました。増田さんは少し苦手だったみたいで、一緒に来ていたトレーナーさんに“噛みませんか?”“追いかけてきませんか?”と、しきりに聞いていましたね。撮影終盤にはだいぶ慣れてきたようで、ボクくんに自然に触ることができるようになっていましたよ。“やっぱりちょっと怖い”って、漏らしていましたけど(笑)」(制作会社関係者)

 4月24日に発売されたKis-My-Ft2のアルバム『FREE HUGS!』内に収録されている『HUG&WALK』のミュージックビデオには、サモンの姿が。

キスマイの『HUG&WALK』撮影時には、2匹に夢中だったメンバーたち

「サモンちゃんだけでなく、スタンダードプードルのプーくんも登場しています。特に演技の指示もなく、メンバーとワンちゃんたちが自由に触れ合っていましたね。2匹とも大型犬でふわふわしているので、メンバーみんなが夢中になって取り合いに。交互に抱っこしていました」(芸能プロ関係者)

 メンバーが共演したサモンとプーに会いに、キスマイファンが店に殺到したこともあった。

「キスマイのPVに出ているワンちゃんがいると聞いたので、『FREE HUGS!』のツアーTシャツを着て一緒に写真を撮ってもらったんです。サモンと写真を撮ったあと、別の店舗にいるプーに会いにお店をハシゴしちゃいました」(キスマイファンの女性)

 ほかにも、嵐の『Don't you get it』のMVには、スタンダードプードルのリズが出演している。

「関ジャニ∞の大倉忠義さんは、'15年の日テレ系ドラマ『ドS刑事』でトイプードルのチェリーと共演しました。キスマイ北山宏光さんが主演した映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』には、茶トラの金時が重要な役で登場しています」(前出・テレビ誌ライター)

『ドS刑事』で大倉と犬のチェリーが共演し、「かわいい!」と話題に

 ジャニーズのタレントたちが『ZOO』の動物たちと、こんなにも多く共演しているのはなぜだろう。

「『Myojo』や『POTATO』といったアイドル雑誌で、はじめてご一緒することが多いと思います。新人のころは写真に撮られることに不慣れで表情が硬くなってしまうことも。動物たちを連れていって一緒に撮影すると自然体になれるんです。TOKIOさんやV6さん、嵐さん、Hey! Say! JUMPさん、Sexy Zoneさんなどもそうでした。ドラマで再度共演する機会があるのはとてもうれしいですね」(北村さん)

 仕事で触れ合っているうちに、情が移って離れがたくなってしまうことも。

「KAT-TUNの亀梨和也さんは、雑誌の撮影で一緒に撮ったワンちゃんにひと目惚れ。いったんは帰ったんですが、後日“やっぱり忘れられない”と言って引き取ったことがあったそうです。カニンヘンダックスという犬種の犬だったとか」(アイドル誌編集者)

 亀梨は、昔から大の犬好きで知られている。

「亀梨さんは、トイプードルやロングコートチワワを飼っています。以前、ラジオでリスナーから“愛犬にキスする行為が汚いと言われた”と相談が来たときも“俺、全然できる! 汚いとか思わないよ”と語っていました」(ラジオ局関係者)

 ジャニーズタレントの成長を、長年近くで見続けてきた『ZOO』の動物たち。今後もジャニーズと動物たちの共演が楽しみだ。

 もしかしたら、サモンは紐倉研究所から山下の家にお引っ越しすることになる!?