小南光司 撮影/山田智絵

 数ある2.5次元舞台の中でも人気の高い『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ。原作は2015年にリリースされた男性アイドルを育成するスマートフォン向けゲームアプリで、ダウンロード数300万を突破している大人気コンテンツ。原作声優によるライブや登場キャラクターたちによるCGライブ『DREAM LIVE』に多くのファンが殺到し、7月からテレビアニメの放送がスタートするなど勢いは止まらない。

「部員4人の部活って感じ」

 その新作の舞台、『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction×Road~が、8月~9月に大阪と東京で上演される。ユニットUNDEADがメインとなる今作で、リーダーの朔間零を演じ初座長に挑戦するのは、2・5次元舞台で人気急上昇中のイケメン俳優小南光司さん。

「UNDEADのメンバー4人は、初演から同じキャストが演じているので、メインの作品になると決まったときはすごくうれしかったです。4人のグループLINEがあるんですけど、“よろしく~!”ってすぐ動き始めて。ワクワクドキドキして、みんな落ち着かない感じでしたね

 2016年の初演から、キャラクターの再現性の高さと歌とダンスの圧倒的パフォーマンスで好評を博している『あんステ』。中でも過激で背徳的と言われるユニットUNDEADの魅力とは?

「おのおのの色が強すぎてまとまっていないところが強みなのかなと思います。全然違う方向に突出している4人だけど重なり合ってる部分もあったり。見え方がただ仲よしこよしって感じじゃないのが魅力かな。

 あと、セクシーさは断トツだと思いますね(笑)。ダンスの見せ方とか目線の運び方とかは毎公演、常に意識しているので。今作でもUNDEADらしいキラキラしているだけじゃないよさを出して、お客様の心に残る素敵な作品を作れるように精進していきたいです」

 小南さん、大神晃牙役の赤澤遼太郎さん、羽風薫役の奥谷知弘さん、乙狩アドニス役の瑛さん、UNDEADメンバーを演じるキャスト4人は部活のメンバーのような関係だそう。

上下関係のない先輩後輩です。部員が4人だけの部活って感じですね(笑)。何でも遠慮なく言い合えますね。赤澤くんはプライベートでも親友なので、お互いのことで知らないことってほとんどないかも。年下ですけど、めっちゃくちゃ頼りになる人間です。瑛くんは、以前同じ事務所だった後輩で、かわいいんですけど実は僕よりも考え方とか中身がしっかりしてる。ダンスの見せ方を教えてもらったりもしています。同い年の知弘くんとはまじめな話より雑談ばっかりしてますね。たまに“ご飯行こうよ”とか連絡したりするいい意味で気を遣わないほどよい距離感です」