「自分をイメージして脚本を書いてもらえたことは、すごくありがたいです」

 笑顔を見せた高良健吾。朝ドラ『おひさま』や『べっぴんさん』、ブルーリボン賞主演男優賞を受賞した映画『横道世之介』など、数々の作品で存在感を残してきた。

 その彼が新作『アンダー・ユア・ベッド』で演じるのは、ベッドの下に入り込み愛する女性の行動を見守る男・三井直人。「イケメンを汚したい」という理由でオファーをしたという監督の話を聞く前に、自分に三井のような印象があるのかと不安にならなかったか尋ねると、

「それはないですね。三井と僕は違いますもん(笑)。だけど、ちょっと複雑ではあります。こういう役に合うと言われるのは(笑)。それでも、ありがたいことです。僕自身、演じるうえで役にそんなに共感する必要はないと思っています。ただ、理解することは必要で、純粋すぎるがゆえに暴走してしまう三井を理解はしています」

グレーゾーンの演技がいちばんの魅力

高良健吾 撮影/吉岡竜紀

 親にさえ存在を認めてもらえなかった三井の名前を、ただ1度呼んだ女性・千尋。11年前の彼女とのその一瞬の幸せな時間を取り戻すために、家庭を持った千尋の家の近所に引っ越し、彼女の家に侵入する三井。そこで見たのは、夫に暴力をふるわれる千尋の姿だった。

白と黒に分けることはせず、グレーゾーンをすごく大事にしました。最後に三井がどんな表情をするのかが、僕自身も楽しみでしたし、オファーを受けたときに感じたこの作品のいちばんの魅力でもあったんです。見る人によって、いろいろな感想があると思います。でも、ただただ痛い映画になってほしくない。経験として、痛みから感じることってあるじゃないですか。そうなってほしいです」

 歪んだ愛の、執着のカタチを描く極限のラブストーリー。三井の持つ“純愛”を100としたら、今の高良が持つ愛の大きさは?

「三井くんは愛にあふれているので……。僕の理想になってしまいますが、お互いの存在を楽しめて、認め合えて、許し合えたら最高なんでしょうね。この映画でもそう。何があっても相手を肯定することは大切なんだなと思う。難しいことでしょうけど。でも、理想は持っていないと」