立て続けに開かれた“衝撃の会見”に世間の反応は──?

 いまだくすぶり続ける吉本興業所属芸人の反社会組織とのつながり問題と、同社社長・岡本昭彦氏の会見騒動。ネットニュースでもさまざまな報道がなされているが、はたしてユーザーはこの件にどのような感想を持ったのか。そこで『週刊女性PRIME』ではユーザーへの独自アンケートを実施。岡本社長の謝罪会見への評価や、松本人志・加藤浩次ら声をあげたベテラン芸人たちへの評価、また吉本問題に限らず、のん(能年玲奈)や公正取引委員会から注意を受けたと報道されたジャニーズ事務所など、芸能界の“圧力”“パワハラ”問題に至るまで、正直な意見を聞いた。

【Q1】吉本興業・岡本社長の会見に納得できましたか?

 騒動のきっかけは、6月7日、雑誌『FRIDAY』によるカラテカ・入江慎也の仲介で、吉本興業所属芸人が詐欺グループの忘年会に出席したとの報道。対し、宮迫博之は『FRIDAY』の取材やTwitterで「ギャラはもらっていない」と否定。同じく田村亮もTwitterやラジオのレギュラー番組などで「ギャラはもらってない」と説明。だが実は虚偽だと判明し、7月20日に両名は会見。ここで宮迫と田村が、吉本興業上層部からパワハラを受けていたと話し、さらなる炎上を受けて7月22日、岡本社長が騒動後初めての記者会見を開いた。

 この件に関して、岡本社長の会見に「納得がいかない」と考えるユーザーは70%。「どちらでもない」が21%。「納得した」と答えたのは9%だった。

「納得がいかない」と答えたユーザーの意見によると、多くが「何が言いたかわからない回答をダラダラ続けて歯切れが悪かった。反社会組織のつながりなど、都合の悪いことを隠すかのような態度にしか見えなかった」といった煮え切らない質疑応答への憤りが目立った。

 ほか、「(「テープ撮ってないやろうな」「全員クビにする力がある」などのパワハラ発言が)冗談とか場を和ませようなんて、状況からしてありえない!」との憤りの声や、「パワハラを理解してない。契約解除理由が明確でない。反社対策が不十分」と吉本興業の体質そのものへ向けての疑問の声も複数見られた。

「どちらもでない」「納得した」の双方に共通していたのは、「いちばん悪いのは宮迫と田村」。「岡本社長は何度も2人にお金を受け取ったかどうか聞いたはず。嘘とわかり、裏切られた気持ちになってのパワハラ発言ではないか? 結局悪いのは最初に嘘をついた2人で、嘘をついてなければここまで騒動は大きくなってなかった」といった意見や、「反社会組織とつながっている所属芸人を強くいさめるのは大企業のトップとして当たり前」、「反社会組織とのつながりが問題なのであって、パワハラ問題が取りざたされるのは論点がずれている」と今のメディアの報道のあり方に疑問を投げかける声も見られた。