「国際弁護士の資格を取得するために米・ニューヨークに留学中の小室圭さんは、9月から2年目の授業が始まります。現在は夏休み中ですが、その間は大学寮から退去しなくてはならないので、アメリカに住む知人宅に身を寄せているそうですよ。

 引き続き法律の勉強をしながら、外国で活躍する日本人弁護士に話を聞くため、アポイントをとろうと動いているんだとか」(皇室担当記者)

 秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚が延期されている小室さんが、アメリカに旅立ってから丸1年が経過。わが道を行く“婚約内定者”と会えない日々が続く、眞子さまの心境はいかばかりか─。

 延期になった最大の理由だと見られているのが、小室さんの母・佳代さんと元婚約者・竹田さん(仮名)との間にある“借金トラブル”。この問題がまったく進展しておらず、おふたりのご縁談も進んでいない状況だ。

「夏に入ってから、竹田さんは体調を崩してしまいました。ですので、小室さん側の代理人弁護士とは、まだ話し合いの機会を持てていません」

 そう話すのは、竹田さんの代理人を請け負う男性。

 このトラブルに対する見解を述べた“小室文書”が公表されたのが、今年1月。小室さんサイドからボールを投げられている形だが、半年以上も事態が動いていない……。

留学先の米ニューヨークのフォーダム大ロースクールに通学する小室圭さん(’18年8月13日)

 そんな状況にもかかわらず、当の眞子さまは焦る様子もなく、むしろ公務に熱心に励まれている。

 7月には日本人移住120周年の記念式典にご臨席のため、南米を2週間にわたって公式訪問するなど、内親王として奮闘されているのだ。

 皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんは、南米での眞子さまを絶賛する。

「訪問先ごとに服装を見事に変えられて、それらの写真を並べれば、ファッションブックができると思うほどでした。

 特に印象に残ったのは、マチュピチュ遺跡を訪れた際に、今年流行しているつばが広く、カーブしたお帽子をお召しになっていたことです。

 お疲れになったでしょうが、そんな素振りも見せずにご立派だと思いました」

 眞子さまが公務に邁進されている中で、秋篠宮家の長男・悠仁さまが7月31日、沖縄と北海道から上京した『豆記者』と懇談された。

秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、沖縄と北海道から来た豆記者たちとご懇談。悠仁さまは少々、緊張されたご様子だった(7月31日)

「お代替わりに伴い、天皇・皇后両陛下から秋篠宮家に引き継がれた行事です。本土での取材活動をする小・中学生の60人ほどと約40分、懇談され、悠仁さまも“初めてのご経験ですか”などと質問されるなど、同世代の子どもたちと交流を深められました」(宮内庁関係者)

 秋篠宮ご夫妻も同席しており、豆記者たちと同年代ということから悠仁さまの出席をお決めになったそう。

 お母さまである紀子さまは悠仁さまに、ほかにも“同年代との交流機会”を用意されたご経験がある。

「“キャンプ”を行うため、栃木県のとある地域に悠仁さまを連れられたことがあるのです。その場には、悠仁さまと同年代の子どもたちがいたようで、一緒にキャンプの準備をするなどして交流されたそうです」(秋篠宮家関係者)