最近、インターネットで検索した言葉は?

澤本「ロンドンのショーディッチです。さっき、スタイリストさんから聞いたんですが、おしゃれなエリアらしいので行ってみたい」

「僕、帽子ですね。『ニューエラ』の帽子を3つ買ってしまいました」

中島「“ご馳走”っていう単語を調べました。THE RAMPAGEの陣さんにアイスを買っていただいて、ご馳走になったので」

木村「インスタの使い方です。僕ら、個人アカウントを持ってインスタグラムを始めたばかりなんです」

澤本「僕、あと、ハシビロコウを調べました。まったく動かない鳥」

中島「なんで、それ調べたの?(笑)」

澤本「上野動物園で見たときに、すごく不思議な鳥だなと思って。羽を広げると5メートルくらいあるの」

「でかっ!!」

Jr.EXILE世代初のコラボライブの裏話

【7月に4日間にわたって開催されたJr.EXILE世代(GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ)のコラボレーションライブ『BATTLE OF TOKYO(BOT)』。3日目の公演日、7月6日は胃がんのために亡くなったFANTASTICSのパフォーマー中尾翔太の命日だった】

「前日(7月5日)の夜にHIROさんから“ (当時、闘病中だった中尾や、何かと闘う人にむけEXILEのATSUSHIとTAKAHIROが共作した)『Turn Back Time feat. FANTASTICS』を明日、(アンコールで)歌ってもいいんじゃないか”と提案をいただいて。急遽、それぞれのグループのボーカルが歌い、パフォーマンスすることになりました。みんなが同じ思いでステージに向かいましたし、同じ気持ちで踊っていたと思います

澤本「あの光景をいま思い返しても鳥肌が立ちます」

「会場のみなさんも(中尾がデザインしたひまわりをモチーフにしたイラストにちなみ)ひまわりを持って、一緒に歌ってくれて。それが、なおさら感動的でした。あの一体感はなかなか経験できないと思います」

澤本「なっちゃん(堀)が泣いているところスクリーンに映されてたね」

「あれはもう、こらえるの無理だと思いました。でも、僕より慧人の方が先に泣いてましたから」

木村「はい」

中島僕は、自分の歌のパートがあるまで頑張ろうと思って。でも、スタッフのみなさんも目のまわりが赤くなっているのが見えて。正直、なかなか歌に集中するのが難しかったです」

「BOTのステージは4日間だけだったんですが計り知れない経験値というか、得るものがありました」

澤本「初日に世界さんがケガをしたこともあって、改めてFANTASTICSのチームワークの良さを感じることができましたし」

「それぞれに個々で気づいたことも多かったので、これからに生かしていきたいと思います」

『Dear Destiny』※記事内の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします
すべての写真を見る
3rdシングル
『Dear Destiny』8月21日発売
【CD+DVD】1852円+税
【CD】1204円+税

◆初のホールツアー『FANTASTICS SOUND DRAMA 2019 FANTASTIC NINE』が10月11日からスタート!
 詳細は、LDH公式サイト(https://www.ldh.co.jp