ドラマ『西郷どん』方言指導 俳優・迫田孝也さん

 舞台をはじめ数々のドラマや映画に出演し、独特の存在感を放つ俳優、迫田孝也さん。

 昨年のNHK大河ドラマ「西郷どん」では、佐賀藩士・江藤新平役として出演しながら、薩摩ことばの指導も担当。リアルな演出を求められる大河で、薩摩ことばのプロフェッショナルとして携わった経験、現場での裏話を聞いた。

イントネーションが違ごっ!

大河でいちばんひったまがったのは、おいの役柄が佐賀藩士じゃったこと。薩摩ことばの指導で現場におるのに、ないごて、役は佐賀弁じゃろかいち(笑)

 撮影中、長州弁や土佐弁や公家ことばなど、いろんな方言が飛び交うシーンが多く、なじみのあるイントネーションが耳に入ってくるので、引っ張られないように精いっぱいでした(笑)

 最初の放送では、イントネーションが違ごっ! という地元視聴者からのお叱りもあったんですけど“ゴメン、慣れてくいやんせ”って思いました(笑)

 指導するにあたり、とても手を焼いた役者がいたという。

風間杜夫さんですね(笑)。毎回、一生懸命なんですけど、なかなか難しかったようで。

 最初はこりゃ手強いぞって思ったんですが、あの方のすごいところは途中から我流になって(笑)。

 もちろん、芝居を優先させるのが役者の本分。最後は芝居の迫力で押し切られるっていう状況がたくさんあった。撮影終盤には、もうひとりの薩摩ことば指導者にまかせて“僕はうしろで見守ります”って逃げました(笑)。

 地元の方も初めは“あれ?”って思っていたと思うけど、最終的には“うん……いるかもな、こういう人”みたいな。妙に納得してしまう演技力でした! 

 “風間弁”が鹿児島弁の幅を広げてくれたっていう話でした(笑)」