ここ最近、ネットニュースで毎日のように名前を目にするようになったフリーアナウンサーの宇垣美里。

 つらいことや理不尽なことに直面したとき、自身をサンリオのキャラクター・マイメロディだと思い込むことで現実逃避すると公言してから定着した“闇キャラ”が好評を博しポジションを獲得。ラジオやエッセイなどでアニメやサブカルチャーへの造詣の深さもうかがわせ“オタクキャラ”としても人気を博してきた。

 しかしながら、テレビやネットニュースといったメディアはどうやら彼女を“毒舌キャラ”に押し込めたいという意図がありありのご様子だ。

《宇垣美里アナ 「あざといのが何が悪いか分かんない」 共演者とケンカ疑惑の真意釈明》(デイリーオンライン)

《宇垣美里「鳥肌が立つ」安田大サーカス・クロちゃんをバッサリ!》(日刊大衆)

 確かに強気な発言は目立つし、当然、クロちゃんはお茶の間からキモがられているわけだけれども、どうも毒舌部分にフォーカスを当てられすぎている感が否めない。しかし、それらの記事がアップされる=アクセス数を稼げているということなのだから、そんな彼女のニュースを読んでほくそ笑みたいという世間のニーズもあるのだろう。

 そんななか、同じくアナウンサー界で自由かつ奔放な発言で地位を確立しているのが、同じくTBSからフリーになった田中みな実やテレビ朝日の弘中綾香らである。歯に衣着せぬ&スパイシーな発言でわが道をゆく彼女たちはついに先日、『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)という特番で初共演。

 自らの小悪魔ぶりも俎上(そじょう)にのせつつ、「あざとい女たちをぶった斬る」という企画にノリノリで挑戦しているのだ。彼女たちは今や「叩かれもするが愛されポジション」に鎮座して久しい。なぜ同じように「あざとくて何が悪い」を謳(うた)っている宇垣だけが叩かれてしまうのか──。

ツッコミの天才・浜ちゃんも……

 宇垣がトーク番組に出ているのをみていると、田中や弘中と比べて共演者の反応が明らかに異なるのがわかる。

 彼女が強気な発言や毒舌をキメたはいいものの、どのタレントも的確なツッコミやフォローができず、どう処理していいのかわからないといった場面をよく見かけはしないだろうか。つまり、宇垣の毒舌が笑いとして“オチていない”まま浮いている状態。

 その根底にはきっと、共演者たちの「この子と親しくないどころか、そもそもしゃべったことすらないからどう接してええかわからへん理論」が働いているのだと思う。オスカープロモーションに移籍してすぐテレビ出演を増やしたはいいものの、歴戦をくぐり抜けた名うてのタレントたちでさえ実に“絡みづらそう”なのだ。

 例えば、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演したとき。TBS時代にプロデューサーからレギュラー番組の降板を直前に伝えられた怒りから、コーヒーをぶちまけたという“コーヒーぶちまけ事件”の真相を語った(実際は“流しに捨てただけ”らしいのだが、どちらにせよヤベぇ)宇垣さん。

 そんなどぎついエピソードを語られた直後、あのツッコミの天才・ダウンタウンの浜ちゃんはただただ、

「なにお前……! お前すごいなぁ」

 と驚いてみせたのだった。その表情に“どないせぇいうねん”の色を感じ取ったのは私だけだろうか。ナイナイ岡村隆史も『おかべろ』(フジテレビ系)で、あるタレントと“写真うつりのあざとさ”をきっかけに番組内でケンカ(宇垣本人は“プロレス”のつもりだと豪語)したというエピソードを披露され、「エンターテイメントの感じじゃないねぇ……」と、“どないしたらええんや”の困り顔。

 つまり、「この子のことよう知らんしなぁ」なのである。