映像と音楽、どちらも楽しんで

――そんな、さまざまな恐怖(!?)を乗り越えて役作り、曲作りをされたみなさま。『恐怖人形』の見どころ、主題歌の聴きどころを教えてください。

萩原なんといっても、すごくスピード感のあるホラー映画です。あんなに大きくなる人形も、なかなか見たことがないと思います。なので、人形をいちばん楽しんでもらえたら、この映画をよく味わってもらえるんじゃないかな。怖いと思うのか、愛おしいと思うのか……。人によっていろんな見え方があると思うので、おのおのの捉え方で人形を見てもらえたら、とても楽しんでもらえると思います」

TSUBASA「楽曲として、ちょっと脳裏に焼きつくようなメロディーを入れたいと思って作りました。少し不思議なリズムというか、音楽的に三連のリズムがサビに入っていて、そういうところもこだわって作ったので、細かいところまで聴いてほしいです。“曲が映画とどのようにマッチしてるのかな?”という点も、作品と一緒に楽しんでいただけたらと思います!」

大輝今回、ボーカルのTSUBASAが歌詞を書いているのですが、映画を見て、曲を聴いて、歌詞を見ると、“ああこの歌詞はこのことを言ってるのかな”と、思いをめぐらせる楽しみ方もできるかなと。また、映画の中でTSUBASAのボーカルとJunのアコギだけのトラックが流れているシーンがあって、それはCDに入っていないんですよね。映画を見ないと聴けないので、ぜひ映画を見て聴いてほしいです」

わちゅ~「『SPIRAL』はボーカルのTSUBASAとギターのJunが書いてくれたんですが、メロの三連の動きやギターの動きなど、いろいろなギミックが考えられてちりばめられているので、そこを聴いていただきたいなと思います。あと、MVにはヒロイン役の小坂菜緒さんに出ていただいたので、そちらもあわせてお楽しみいただけたらうれしく思います!

Jun「初めてスパニッシュに挑戦させていただきました! ガットギターというラテンでよく使われるクラシックギターがあるんですが、『SPIRAL』はそちらを初めてレコーディングで使用した楽曲になります。僕の新しい一面がたくさん詰まっていると思いますので、ぜひそこを聴いていただきたいです」

――こだわりの詰まったすごく素敵な曲ですが、萩原さん、カラオケで歌われたりするご予定は?

萩原「難しいですよ。僕ぜんぜん歌うまくないので。でも、どこかでチャレンジしてみます!」

TSUBASA「『SPIRAL』の歌唱ポイントは、息継ぎですね。息継ぎの位置さえ押さえればたぶん大丈夫です!」

萩原「息継ぎですか! カッコいいのでぜひ歌いたい。練習してみます」

TSUBASA「舞台挨拶のときとか? 演奏は準備しておきますんで(笑)

萩原「わ! それこそいちばん恐怖かも(笑)」

<プロフィール>

萩原利久 撮影/吉岡竜紀
すべての写真を見る
はぎわら・りく◎1999年2月28日生まれ。埼玉県出身。2008年に芸能界デビューし、ドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質ですー』('19年)や映画『十二人の死にたい子どもたち』('19年)などに出演。
Thinking Dogs 撮影/吉岡竜紀
Thinking Dogs◎2015年『世界は終わらない』でメジャーデビューした4人組ロックバンド。4LDKの一軒家で共同生活中。11月24日、千葉のDOMe柏よりツアーがスタート。12月20日にツアーファイナルワンマンライブが赤羽ReNY alphaにて開催。
映画『恐怖人形』11月15日公開
出演/小坂菜緒(日向坂46) 萩原利久 黒羽麻璃央 ほか

<構成/Officevictorianjet>