「向かい合うかたちで町長室の椅子に座って話をしていると、町長が“隣においで”と言うんです。窓はレースのカーテンが閉まっていて、耳元で“××や××とはヤッたの?”と聞かれ、びっくりして首を振ると抱き寄せられました。そんな気持ちはなかったのにキスされて、私は、口を……開けられなかった」

 群馬県・草津町の新井祥子元町議は、2015年1月8日午前10~11時の出来事をそう振り返る。

 騒動の発端は、新井氏が同町の黒岩信忠町長から町長室で性行為を強いられたなどと11月12日配信の電子書籍『草津温泉 漆黒の闇』で告発したことにある。

こうやって服従させるんだな、と

 新井氏は同県桐生市出身。'11年に初当選した同町初の女性町議で、'15年の落選を経て今春、2期目に入ったところだった。

 会社員の父親(2年前に他界)とパート主婦の母親のあいだに生まれ、妹がいる。高校時代は障害者のキャンプを手伝うなどボランティア活動に携わった。県内の短大卒業後は「イラストレーターか漫画家」の夢をあきらめ、一般企業の営業ウーマンに。10代からアトピー性皮膚炎に苦しみ、湯治のため草津を訪ねたのがきっかけで、移住するようになった。温泉同好会で知り合った年上の男性と30代後半で結婚したが、政治家になる前に離婚して以来、独身だ。

 そんな新井氏にとって、黒岩町長は「政治の先輩として憧れの存在で好意を抱いていたこともある」と言うが、意に反する性行為を含め裏切られることが続いたという。

肉体関係を持ってから町長がポケットに入れてきたとするメモ=新井氏提供

 一方、新井氏の告発を知った町長は即、「すべてウソ」などと猛反論。地元新聞の折り込みに8章立ての声明書(反論書)を挟んだほか、事実と異なる内容を掲載され名誉を傷つけられたとして、新井氏とライターを名誉毀損で県警長野原署に刑事告訴した。

 反撃された新井氏は、12月2日の町議会(定数12)で新井氏の告発を信じるひとりの男性町議が提出した町長の不信任決議案に賛同したが、賛成は2人のみで否決。逆に新井氏の言動について「議会の品位を著しく傷つけた」とする懲罰動議が提出され、除名処分が賛成多数で可決して同日、失職した。

 新井氏は「拙速な懲罰だと思いますが想定内。町長にはみな逆らえない。邪魔者は排除したいのでしょう」と力なく笑い、「でも、合意なく町長から性行為をされたのは事実です」と言い切った。