着々と成果を挙げているが、彼のやり方に対しては批判の声も。

「ファンや事務所内から、“Snow Manをゴリ押ししている”という声があるそうです。彼らは'10年から始まった舞台『滝沢歌舞伎』に初期から出演し、滝沢さんが特に目をかけていました。デビュー直後の1月31日から、タイのバンコクで行われるイベント『Japan Expо Thailand 2020』でパフォーマンスを披露することが決定。デビュー1か月で海外公演を行うのは異例ですよ」(芸能プロ関係者)

Snow Manは海外公演も決まり、Jr.の中でも特に推されている
【写真】今井翼と銀座を歩くタッキー、初詣で輝く山下智久など

 将来への期待はあるが、Snow Manへの評価はこれまで決して高くはなかった。

「昨年亡くなったジャニー喜多川さんは『HiHi Jets』や『美 少年』の育成が中心でしたが、SixTONESやTravis Japan(トラビス・ジャパン)もジャニーさんの自宅に泊まるなど、多少の交流はあった。でも、Snow Manとはほとんど関わりがなく、ほかのグループに比べるとあまり期待しているようには見えませんでした。なんとしても彼らを売りたい滝沢さんはメンバーの増員までしましたが、ジャニーさんの期待が低いと言われていたグループを売り出そうとしているため、えこひいきをしているように見えてしまうのかもしれません」(同・芸能プロ関係者)

競わせることで仲違いしないか

 デビューのさせ方にも異論がある。

「2組同時にデビューすれば、CDの売り上げの数字が比較されます。売り上げが低いほうは “人気がない”と思われてしまうかもしれません。2グループは昔から互いに切磋琢磨して、プライベートで遊びに行くほど仲がいいんです。それなのに、変に競わせて仲が悪くなってしまわないか心配ですよ……」(Snоw Manのファン)

 “改革”を危ぶむ声もあるが、滝沢はジャニーズ事務所の副社長として、Jr.だけでなくデビュー組にも目配りしている。

「特に、山下智久さんと中山優馬さんに期待しているそうです。山下さんはインスタグラムの公式アカウントをデビュー組の中で最初に開設し、アメリカの芸能事務所と契約して海外での活動にも力を入れています。また、『美 少年』に楽曲提供をするなど後輩の育成にも積極的。世界進出はジャニーさんの生前の夢でしたし、新しいことに積極的にチャレンジする彼の姿勢を評価しているみたいですよ」(前出・芸能プロ関係者)