遂に原田がロッカー認定

 何より、横浜銀蝿のデビュー40周年でJohnnyがカムバックして、またオリジナルメンバーでツアーができるのは本当にうれしい。

 この前、ある音楽フェスに出たときにドラマの『今日から俺は!!』の主題歌だった「男の勲章」を演奏したんだよ。すると、俺よりも50歳も下の子どもたちが集まってきて、劇中で話題になったダンスの振りを踊るわけ。驚いたよ。

 俺たちは解散もしたけどさ、35周年、40周年と再結成してやめずに続けてきたからこそ、そんなおもしろいシーンが見られたんだと思う。まあ俺は、子どもたちのお母さんに釘づけだったけど(笑)。

 ハハハ!

全裸俳優・原田龍二の「人生、反省。」
すべての写真を見る

 嵐さんも脳梗塞を経験してさ、リハビリしてドラム叩いて……ずっと戦ってるんだよね。嵐さんが元気なうちに、もう一発かましたいな。

 また1年、頑張ります(笑)。

原田 僕は、昔からずっと心に怒りや反骨精神を持っているんです。ロックのルーツも反骨精神ですよね。

 そうだね。

原田 だから今は、自分の失敗や悔しさ、自分への怒りを原動力に「どこまでもやってやろう!」って思ってます。

 認定しましょう、原田君はロックンローラーです!

原田 ありがとうございます!

本日の、反省

僕が人生で初めてロックンロールに触れたのは、間違いなく横浜銀蝿の『ツッパリハイスクールロックンロール』ですからね。おふたりとも直接お会いできて感無量です。すごくオーラがあるし、やっぱり言葉の重みが違いますよ。翔さんが自らの失敗とちゃんと向き合って、音楽に昇華しているのも伝わってきました。嵐さんは生きざまがロック。仲間がいることの心強さを感じました。ロックンローラーに認定してもらえて本当にうれしい! 誰かウィキペディアに書き込んでくれないかな。


はらだ・りゅうじ
1970年、東京都生まれ。第3回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞後、トレンディードラマから時代劇などさまざまな作品に出演。現在は俳優業にとどまらず、バラエティーや旅番組に多く出演し、活躍の幅を広げる。芸能界きっての温泉通、座敷わらしなどのUMA探索好きとしても知られている。

横浜銀蝿40th
1980年デビューの横浜銀蝿の40周年を機に期間限定で再結成したロックンロールバンド。メンバーは嵐(Dr)、翔(Vo)、Johnny(Gt)、TAKU(Ba)。シングル『横須賀Baby』、アルバム『ぶっちぎり』でデビュー。2年後には日本武道館コンサートを成功させ、日本レコード大賞特別賞を受賞し、日本中を銀蝿旋風に巻き込んだ。活動期間は3年だが、今もなお多くのロックンロールファンに愛されている。今回は実の兄弟でもある嵐と翔が登場。

横浜銀蝿40thコンサートツアー2020
〜It's Only Rock'n Roll集会 完全復活 Johnny All Right!〜
3月7日(土) 横浜市教育会館
3月22日(日) Zepp Sapporo
3月28日(土) Zepp Namba
3月29日(日) Zepp Nagoya
5月3日(日・祝) KT Zepp Yokohama
5月6日(水・振休) Zepp Fukuoka
5月16日(土) Zepp Tokyo
詳細は公式HP:https://ginbae40th.com/

取材・文/大貫未来(清談社)