「タピオカ恫喝騒動」に「藤本敏史との離婚」と'19年末からコンスタントに衝撃のニュースを報じられ、今や“お騒がせのデパート"と化したユッキーナこと木下優樹菜。年をまたいだ'20年1月10日に『週刊女性PRIME』で報じられたのはまさかの「不倫疑惑」だった。

 そんな急展開は、昨年7月10日に長女とのツーショットをインスタに投稿した際の“文章”が発端となった。

《たいへんだけど… かわいぃから
 しかたなぃよね(ハート)イーッパイ
 あそびまくって
 いっぱいねて
 しんどいくらい喧嘩してでも、
 てをつないで、寝て
 る(ハート)
 ずーーっと(ハート) この繰り返し》 

 これが、縦読みをすると、「たかしあいしてるずーーっと」になり、その「たかし」というのが、長年付き合いのある美容師と同じ名前であることから不倫疑惑が浮上。元夫・藤本「としふみ」を擁する吉本興業が激怒している、という見立てだった。

 これまでもSNSを中心に、芸能人による“匂わせ投稿”が暴かれるというケースは多々あったが、『縦読み』というはなんとも新しいジャンルである。やや不自然な改行にも関わらず、とりあえず「気にしねーっす、チョリーッス!」ってな感じで投稿する姿勢がなんともユッキーナっぽさに溢れている、と感じるのは私だけか。

ネット特定班に目をつけられた乾貴士(たかし)

 しかし、ここにきてユッキーナの“お相手”としてネット上で新たに噂されているのがなんと、元サッカー日本代表の乾貴士(たかし)だというのだ。そのきっかけとなったのが'18年8月に乾のインスタに自撮りとともに投稿されたこの内容。

《ゆっくりしよー!!
今日はオフやから
何しよっかなぁ。
だいぶん暑いな、Sevilla
今すぐプールに飛び込みたい
すぐまた合宿やぁ。
きっちり休んでまた頑張ります》

乾貴士が木下優樹菜との不倫疑惑を呼ぶこととなった“縦読みすると意味深”なインスタ

 これまた漢字をひらがなに直して縦読みすると、「ゆきなだいすき」。

 いやいや、そもそも1年半も前のこの投稿を見つけてきたのはどこの誰なんだよ! 

「美容師の“たかし”でなく、違う“たかし”の可能性もあるのではないか」と疑い、乾貴士までたどり着いた洞察力……。サイバー捜査分析官として警視庁に勤めたほうが世のためになるんじゃないかレベルの特定作業により、ネットは炎上騒ぎに。

 盛り上がりは止まらず、妻子持ちでありながら、かつてテレビでユッキーナのファンであることを公言していたり、彼女のインスタにコメントをしていた過去も発掘。

 さらに、ユッキーナが前出の“縦読み”投稿の5日後にアップした「高級ホテルでふたりぶんの人間の足が映った写真」のなかには、“サッカー日本代表ポテトチップスの袋”や“かつて乾がインスタにアップしていたものと酷似したタオル”が写り込んでいたという新情報までも探し当てられてしまった。

 まさに“ネット民総出でやりますね”といった状態である。

 ここまでの騒動になると、さすがに本人たちの「否定コメント」が欲しいところだが、ユッキーナは今、“隠遁生活”中で発言をできる立場にいない。であるならば、もう一方の乾に世界で活躍する選手らしく、「ネットで色々騒がれているのは全部フェイクですよ〜ha-ha!(笑顔の絵文字)」と笑い飛ばしてほしいものだが、その乾のとった行動がさらに“炎上に薪をくべる”結果になってしまった。

 というのも、この件についてメジャーリーガーのダルビッシュ有が、拡散されている本件のツイートを引用し《これが本当かどうかは知らんが、こういうの見つける人マジですごいよな》とつぶやいた途端、ダルビッシュをフォローしていた乾がフォロー解除したというのだ──。

 もし不倫疑惑が事実無根であるなら、ある意味「最悪の処置」だと思う。つまりこの行動は、「否定コメントは出さないのにSNSは見ていることの証明」であることに加え、ダルのフォローを外すということは単純に「なに広めてくれてんだよ」という怒りの表明と捉えられてもおかしくないからだ。

 これでは世間が「あれ? じゃあこれマジなの?」となってしまいかねない。早く何らかのアクションを起こさない限り、ネットの盛り上がりはさらに増すばかりだろう。

ダルビッシュ有が引用RTした「ユッキーナと乾貴士」の匂わせインスタ疑惑(ツイッターより)

 しかしながら、「ユッキーナの姉がタピオカ店で働いていた」ことが転じて「乾がダルビッシュのフォローを外す」という“風が吹けば桶屋が儲かる”的展開を誰が予想できただろうか……。

 いや、でもまだ安心できない。ネットにはこの瞬間も第3・第4の「たかし」を狙う捜査官が潜んでいるかもしれないから。

 とりあえず、芸能人は今後、“写真に映り込ませる”ものだけでなく、“文章で縦読みさせる”匂わせインスタも特定されるのだということを肝に銘じるべきなのかもしれない。

〈皿乃まる美・コラムニスト〉