桐谷健太(39)演じる元体育教師の刑事と、東出昌大(31)扮する東大卒の検事がタッグを組み難事件に挑む『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系 木曜夜9時〜)。ドラマでは初共演という2人に、お互いの印象から一緒にやってみたいことまで聞いちゃいました!

身長なら「どこにも負けない」バディ

――おふたりは、これまで共演経験はありますか?

桐谷 初めて会ったのは5、6年くらい前だよね。

東出 はい、(映画の)『GONIN サーガ』のときですね。

桐谷 あのときは、役者を始めて2、3年くらい?

東出 そうでした。

桐谷 そのときから東出は、素直でかわいくて。身長が僕より低かったら、もっといっぱい頭をナデナデしてましたね。

東出 あはは!

桐谷 それに当時から、しっかり周りを見ていましたし、気遣いもすごかった。そんないいところを僕も盗んでいこうと思ってます。

東出 桐谷さんは、当時から兄貴肌で頼れる先輩でした。役柄が血はつながってないけど、兄弟みたいな感じだったんです。その関係性のまま撮影を終えられたので、今回お会いしたときもお久しぶりというより、当時の距離感がすぐ思い出されて、安心感がある先輩です。

――そして、今回は連ドラでの共演になります。

桐谷 連続ドラマは初主演なので、本当にうれしくて。17年前にデビューした連ドラもテレ朝さんだったんです。時を経て、こうやって主演で迎えてくれるテレ朝さんの太っ腹さと肝の据わった感じ、そして先見の明は素晴らしいなと思いました。

東出昌大 撮影/佐藤靖彦

東出 (笑)。僕は検事役が初めてなんです。刑事ものとか医療ものの作品は、お芝居の中でも難しいジャンルのひとつと思っていますが、そういうチャンスを得られたのはとても感慨深いです。

 そして、何より桐谷さんと刑事と検事役としてバディを組めるのが頼もしい。今期最強のタッグになれるんじゃないかと思います。

桐谷 2人合わせて370cmのバディなんだって。

東出 そうなんですか!

桐谷 東出のほうが大きいので、そこをだいぶ引っ張ってくれていますが。そういう意味では、身長でいうとどこにも負けないコンビかもしれません(笑)。