美空ひばりさんだろうと引き立てしない

 '59年、フジテレビ開局翌日に始まったバラエティー番組『おとなの漫画』で、クレージーは初のレギュラーに。'61年にスタートした音楽バラエティー番組『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ系)が始まると、その人気が爆発した。

'61年にスタートした日本テレビと渡辺プロ制作『シャボン玉ホリデー』
【写真】若かりしころの犬塚、伝説の『クレージーキャッツ』の面々、ザ・ピーナッツとの貴重なショット

 犬塚が司会を務めていた歌謡番組『7時だ、とび出せ!!』に、美空ひばりさんがゲスト出演したときのこと。

「今日は特別だから、ほかの出演者もかえてくれという伝達が急に来たんです。さすがに怒りました。“オレはたいこ持ちじゃねぇぞ!!”と反発して、そのときもいつもどおり淡々とやりました」

 番組の放送が終わると、ひばりさんの事務所の人がやって来て、犬塚に聞いた。

「この後お暇でしょうか?」

 呼ばれた六本木の店へ行くと、ひばりさんと彼女の母親が待っていた。

「あなた、ウチのお嬢は普通の歌手とは違うのよ」

 そう母親に言われた犬塚は、

「俺はゲストが偉い人でも新人でも、番組はちゃんとやる。そこに差はない」

 と言い切った。すると、ひばりさん母子は「気に入った!」と言って、それから誕生日会やお祝い事には必ず呼ばれるようになった。

「行くと映画スターや巨人軍の監督とか、すごい人がたくさんいる。でも、私はお酒が飲めないし、ああいった大スターとは付き合ったことないから困りました。ただ、私はお世辞が言えないから、気に入られたのかもしれません」