コンサート後のお楽しみは、もちろんヲタ会! でも、「やりたいことが多すぎて、調整が大変」なんてことも……。みんなのワガママを叶えてくれて、頼れるサービスはないかな? 今回はウワサのラブホ女子会予約専門サイト『セキララ』をチェックしてみましたよ!

ヲタ会の参加メンバーはコチラ★ みきーる&仮面ヲタ女子隊

ヲタ会に参加したメンバー

●みきーる(写真左上)
ヲタ歴四半世紀以上の“ジャニーズ事務所担”。コンサートを観るだけでなく、ジャニヲタさんと遊ぶのも大好き!“みんなが心から楽しめて、満足できるヲタ活情報”を探し続けている。

●仮面ブルー(写真右上)
新作のスイーツやグルメに詳しいほがらか女子。グッズを山ほど買い込むので、ライブ時は荷物が多いのが悩み。遠征バッグも大きめなので、せまいお店だと肩身もせまくなっちゃう。

●仮面ピンク(写真右下)
職場ではヲタを隠している控えめ女子。だからこそ、たまのヲタ会ではめいっぱいはじけたいし、語り合いたい! 自ら編集したDVD を持ち歩いていて、みんなで観たい気持ちがいっぱい。

●仮面イエロー(写真左下)
カラオケ大好きなにぎやか女子。ラップや男声も得意で、ランキングではいつも高得点を叩き出す。自慢の美声で歌いまくりたい&ひとりじゃできないグループ歌唱も楽しみたい!


 みんなで泊まれて、カラオケとDVD 観賞ができて……そうだ、ラブホがあるじゃない!!

みきーる(以下、み)「ひさしぶりにゆっくりヲタ会したいね」

イエロー(以下、イ)「いいですね、カラオケしたい!」

ピンク(以下、ピ)「DVD鑑賞会したい!」

ブルー(以下、ブ)「おいしいもの食べた〜い!」

「みんなでゴロ寝しておしゃべりしたい!」

「お風呂でリラックスした〜い!」

「自担と結婚した〜い!」

「ちょっと、最後の誰? ところでブルーは遠征だよね、ホテルはどこだっけ?」

「それが、急遽参戦できることになったので、近場のホテルは満室だったんです」

「じゃあ、これから探すの?」

「ハイ(泣)」

「えっ、それは大変。でも私も家が遠いから、みんなより早く帰らなきゃです……」

「やだー今日は朝まで騒ごうよ〜!」

「う〜ん。みんなで泊まれてカラオケとDVD 鑑賞ができて、おいしいご飯があって、ゆったりお風呂も入れるところかぁ……。あっ! アレを使ってみようかな」

「アレとは?」

ラブホ女子会予約専門サイト『セキララ』! 最近はヲタ会にも人気なんだって」

ラブホ女子会予約専門サイト SEKILALA(セキララ)
女子会・ヲタ会にピッタリな“映えるホテル”を簡単に予約できちゃう便利なサイト。全国300店舗以上の素敵なホテルがラインアップ!https://seki-lala.jp/

「ラ、ラブホ!? そういうのは自担と……」

「ちょっと、今の誰? さっそく近くのホテルを探してみるよ。……えーと、ここはどうかな?」

HOTEL GRANSKY(錦糸町)
最上階の極上スイートルームでセレブ女子会(@8800 円~)
70 インチ大画面テレビ、ラグジュアリーなソファ&ベッド、貸切露天風呂、バルーン、フラワーバス、プラネタリウムなど、ヲタ悶絶の素敵サービスが充実!!

「わっ、キレイ!」

「なんですか、ここ、クソゴージャスですね!」

「広〜い! 最大8人も入れるってことは、自担グループ全員連れてきても大丈夫なんだ!?」

「ちょっと、今の誰? じゃあこのホテルを予約するからね」

「ハ〜イ!!」

ホテルに到着!

「あっ、あそこだ!!」

「モダンで素敵なホテルですね!」

錦糸町のラブホテル通りで一際目立つ綺麗な外観

フロントで予約の旨を告げ、鍵を受け取ったらお部屋へGO!

「事前にサイトから決済できるので、帰りもモタモタしなくて済むね」

「905号室……ここですね。えっ、何これ! 部屋の中に螺旋階段があります!!」

「メゾネットになってるんだ。大きな荷物もたっぷり置ける!」

「メインは2階ですね、行きましょう!」

「ぎゃー広いっ! ベッド大きいっ!!」

お腹が空いても大丈夫! 超充実のルームサービス

「とりあえず、お腹空きましたよね? お菓子持ってきたから食べましょう!」

持ち込み自由&充実のルームサービスでお腹も満足!

「ホテルなら好きなお菓子やドリンクを持ち込めていいね」

「それにここ、日帰り女子会ならひとり一品、フードをサービスしてくれるんだって! ハニートーストにピザに……迷っちゃうなぁ」

「インスタに投稿するとスパークリングワインももらえるみたい♪」

「出前も取れるし、“誰かコンビニ行ってこいジャンケン”とか、やらなくていいんですね〜」

サラダ、ピザ、デザート、ワイン……なんでも頼めちゃう!

じゃあそろそろカラオケしましょうか!

「せっかくだから自担パートを歌いたいです〜!」

「私、“セクシーローズ”って言っていい?」

「どうぞどうぞ!」

ホテルだから人目を気にせず盛り上がれる!

「じゃ、私は“好きなんだよ、マジで!”よろしいでしょうか?」

「どうぞどうぞ!」

「私は、“チッ!”って舌打ちさせていただきます」

「どうぞどうぞ!」

サウナにマッサージチェア……ライブ疲れの癒しもバッチリ!

「ふ~!  歌った歌った!」

「ちょっと休憩しましょうか。私、お風呂入ってこようかな」

「いいですね、行きましょう!」

「そう言えば、下にマッサージチェアがあったよね? カラダほぐしてくるわ!」

ライト付きのお風呂。ランダムに色が変わる設定にして、自担の色を待つ2人。

「待って。このお風呂かなり大きい!」

「ライトの色が変わるんですね。たのしー!」

もはやスパ……。ラブホにサウナ付きお風呂ってどういうこと!?

「うそぉ、サウナもあるよ! これはもうスパですわ!」

「貸切の露天風呂もあるとか、今時のラブホはすごいっすねぇ……」

寝落ちもまた良し! 時間を気にせずDVD 観賞

「じゃあ第2部始めますか。フラゲしたDVD持ってきました!」

「さすが!!」

ラブホの大きいテレビ画面で自担が見られる!

「自担が“箱の中身は何だろな?”やらされて涙目になってるシーンを集めたやつと、シンメにウザがらみして冷たくされてるところばっかり集めたやつもありますけど、どれ見ます?」

「マニアックだな(笑)」

「よっしゃ、全部いこうか!!」

“セキララ”のラブホヲタ会は、控えめに言って“最”&“高”!

「楽しい~!」

「たまらんっ!!」

「ホテルだと、隣のテーブルのヲタ会とか気にならなくていいですね」

「確かに私たちだけの空間は強い!」

「歌い放題だしね」

ヲタ友だけの空間で、盛り上がりは最高潮!

「みんなでお風呂も高まった〜!」

「しかも、このまま寝ちゃってもいいんですよね~!」

「最高すぎ。また絶対やろうね!!」

 ところで……こんなナイスプランを考えてくれたのは誰!? 『セキララ』の担当さんに直撃!

★今回のヲタクのミカタ

“女性向けプラン”を考案! 担当者の鴨志田晃さん(左)

株式会社ANP ラブホ女子会専門予約サイト『セキララ』担当
鴨志田晃さん

 ヲタ活を支援するサービスを提供してくれる頼もしい男子。『セキララ』のほか、カップル向けラブホ予約専門サイト『ホテリブ』の運営も手掛ける。健康の秘訣は早寝早起き。

快適でリーズナブルな
“ヲタ会プラン”を提供したい

──そもそも、『セキララ』を始められたきっかけは?

「弊社はラブホテルを経営しており、全国に40 店舗以上ございます。もともと業界で“ラブホ女子会”が流行っているという話があったのですが、特に新横浜にあるホテルは、横浜アリーナや日産スタジアムでライブがある日はとても賑わいますね」

──“横アリ”は、コンサートの聖地ですからね!

「ですよね。“女性の複数名なんですが、泊まれますか?”というお問い合わせも多くいただくようになり、であれば、“女性向けのプラン”をご用意すれば、ご利用いただきやすくなるかな? と思って始めたのがきっかけです“ラブホ女子会”が全国で流行れば、より、業界も活性化しますので

──なるほど。今回はバルーンでお部屋を飾っていただいたりして、とても楽しく過ごせました。

「ありがとうございます。お客様ご自身で飾っていただいても大丈夫なので、好きなグッズでデコレーションされる方が多いですね。DVDやBlu-rayも持ち込み可能のため、好みの過ごし方でおくつろぎいただけます」

──さすが! ヲタ心をよくわかってらっしゃる!

実は、私の母もジャニーズファンなんですよ(笑)

──えっ、お母様がジャニヲタさん!?

「嵐にNEWSにKAT-TUNに……Hey! Say! JUMPのライブにも行っています。母が仲間たちと“ヲタ活”しているのは楽しそうでいいなぁと思いますし、大人の女性がジャニーズを応援することに偏見もありません。“ラブホでヲタ会”にしても、グッズ代が嵩んだり、あまりお金に自由がきかないヲタさんにも使いやすいようにと考えて作りました」

──待って。鴨志田さんは“愛のかたまり”なの?

「おそれいります(笑)。“ラブホテルって、ちょっと抵抗があるな”という方にも使いやすいよう、ていねいにフォローもしています。サイトからご予約いただきましたら、ホテルの入り方など、詳しいご案内もお送りしているんですよ」

──実際にご利用になった方のご感想はいかがでしょう?

「ありがたいことに好評で、リピートもいただいております。グループのお仲間や担当さんの誕生日を、お互いラブホでお祝いする方も多いですね。現在は圧倒的に“お泊まり”でのご利用が多いですが、今後は昼間のヲタ会も楽しんでいただけるよう、さらに考えていきたいです

──それは楽しみ。期待していますね!!

<構成/Office Victorianjet 撮影/矢島泰輔>