異例のプログラム変更をした理由

「昨季からショートプログラムは『秋によせて』、フリーは『Origin』を使用していました。今回、変更したプログラムは'18年の平昌五輪で使用したショートの『バラード第1番』とフリーの『SEIMEI』。シーズン中のプログラム変更は極めて異例です。変更の理由は本人いわく“いちばん自分らしさが出せるから”とのことでした」(前出・スケート連盟関係者)

 しかし佐野氏は、突然の四大陸出場や異例のプログラム変更は、世界選手権へのステップアップのためだと語る。

「変更した2曲は特に羽生選手が滑り込んでいる演目で、今回の四大陸で4回転ループをやめて4回転ルッツを入れたということは、それだけ高得点を狙いにいきたいということ。やはり世界選手権でネイサン選手と対峙することを見据えて、演目やジャンプの種類を変えたりと、微調整を行っているのだと思います

 そして、まだ誰も成功したことのない4回転アクセルへの挑戦も控えている。

4回転アクセルについては、四大陸選手権では封印すると本人が話していましたが、あくまで世界選手権でのお披露目を目標としているからでしょう。演目を変えて、かつ4回転アクセルも入れてというのは、どうしても無理が出てくる。大一番の前に経験しておくという意味での四大陸選手権出場だったと思います。結果を残し、自信をつけたのちにネイサン選手に完全勝利をしたいという計画でしょうね」(佐野さん)

 四大陸選手権直前、羽生は「僕には圧倒的な武器が必要」と語っていた。それは前人未到の4回転アクセルにほかならない。“限界の5歩先”を成し遂げたとき、真のレジェンドとして“引退”の花道が待っているのかも。

平昌冬季五輪での羽生結弦選手
すべての写真を見る