とにかく強烈だった。

 松居一代の、女優としての活動はあまり記憶がない。2001年に俳優・船越英一郎と結婚したことで、顔と名前を知ったのだが、その後の八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍には舌を巻いた。掃除グッズや鍋を売りさばき、億万長者なのに質素倹約な昭和の心を持ち、庶民の心をがっちりつかんだ手だれの女性という印象。

巷では「今日のカズヨ、見た~?」

 そんな彼女が2017年、別の意味で脚光を浴びることに。船越が離婚調停を申し立てたことに反論。YouTubeを駆使して、なりふりかまわず夫の不倫を糾弾する姿は、まさに“ひとりワイドショー”。サスペンス仕立てで、夫のプライベートを暴露しまくる姿に危機感を覚えたテレビ局は、あまり大々的には取り上げなかった記憶がある。唯一、フジの『グッディ!』のスタッフが熱心に彼女を追い、地方にまで出向き、つぶさにレポートしていたっけ。

 あまりに過激な物言いの動画は、一瞬、視聴者をテレビ離れさせたといっても過言ではない。「今日のカズヨ、見た~?」が合言葉になるほど、みんなカズヨに夢中になった。

 暴露されて名誉毀損(きそん)されまくった船越には申し訳ないが、カズヨが繰り広げるサスペンス劇場は面白かった。今のテレビがやらないことがてんこ盛り。もちろん話半分に見る人、ネタとして見る人も多かったが、「夫の不倫を許すまじ」と思っているご婦人方からは、それなりの支持を得た。

 ただ、調停離婚が成立したときの記者会見は、なんというか「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」感が満載。質問しても自分流の回答に徹しており、記者たちの疑問がイマイチ解消されず。会見中に、86歳の母親に電話をかけて、涙ながらに報告したのは演出がにおった。当時、松居の母の家にもカメラが入っていたのだが、母は戸惑っていた。というか、娘の離婚にそこまでの関心がないようにも見えた。

 翌年、船越サイドから名誉毀損で刑事告発されるも、不起訴処分に。船越サイドは「今回に限り、宥恕(ゆうじょ)します」とコメントした。宥恕って。初めて聞いた言葉だったよ。いろいろと勉強になりましたわ、この騒動で。

 夫の俳優業を支え、家事もビジネスも完璧にこなし、財を成した妻を“悪妻”呼ばわりするのもどうかと思うが、やはりエキセントリックな言動には、いろいろと思うところがある。女優・川島なお美が亡くなった後、自身の著書出版会見で、船越との交際を暴露する姿は鳥肌モノだった。過去を許さない嫉妬と不寛容、人の興味を煽るためには手段を選ばず。「完璧」はある種、脅威であり、恐怖でもある。

 現在のブログを見る限り、穏やかに暮らしているようだし、英語を勉強して虎視眈々(こしたんたん)と新しいビジネスを考えているようでもある。タダでは転ばない不屈の精神。カズヨスピリッツフォーエバーである。

船越は父親の猛反対を押し切ってまで松居との結婚を決めたのだが……

(文/吉田潮)


吉田潮 ◎コラムニスト、イラストレーター、テレビ評論家として週刊新潮で『TVふうーん録』を連載中。『幸せな離婚』(生活文化出版)、『親の介護をしないとダメですか?』(KKベストセラーズ)など著書多数