2020年も半年が過ぎ、さまざまな出来事が起こった芸能界。中でも、相次ぐ有名人たちの悲報には多くの人が涙した。“もう1度会いたい……”そんな有名人たちの在りし日の姿を、笑顔とともに綴った追悼グラフをお届けします。

大ヒット連発の国民的喜劇王
志村けんさん(享年70)/3月29日

’15年に亡くなった最愛の母・和子さんと親子ツーショット

 新型コロナウイルスによる肺炎でこの世を去った志村さん。付き人を経て、'74年4月からザ・ドリフターズのメンバーに。『8時だョ!全員集合』では東村山音頭を歌い人気者となり、その後、“アイーン”など大ヒットギャグを連発。また、'06年からは舞台『志村魂』を上演するなど、さらに理想のお笑いを追求。国民に愛された偉大な喜劇王だった。

酒とタバコが似合う“エースのジョー”
宍戸錠さん(享年86)/1月18日

’88年、長男・宍戸開と共演した映画『マイフェニックス』のロケでの1枚

  “エースのジョー”の愛称で人気を博した宍戸さん。'54年に日活ニューフェイスの第1期生で入社。'56年にほおを膨らませる手術を行うと、それがトレードマークとなり映画『渡り鳥』シリーズなどの敵役でブレイクする。晩年は'10年に妻の游子さん(享年77)に先立たれ、'13年に自宅が火災になるなど悲劇も。虚血性心疾患で自宅で亡くなった。

野球を愛し、妻を愛し続けた名伯楽
野村克也さん(享年84)/2月11日

’10年、会見中に沙知代さんが野村さんの襟を直す気遣いを

 虚血性心不全により亡くなった野村さん。野球選手時代は三冠王に輝くなど捕手として活躍。監督としてもID野球を掲げてヤクルトスワローズを3度の日本一に導くなど実績を積み重ねた。“サッチー”こと野村沙知代さん(享年85)とのおしどり夫婦も話題に。天国でも仲睦まじく一緒にいることだろう……。

清純派から大人の女性へ変身
梓みちよさん(享年76)/1月29日

梓みちよさん。’80年の取材時には髪を短くしてイメージチェンジ

  '62年に歌手デビューし'63年には『こんにちは赤ちゃん』が大ヒット。清純派歌手として注目を集めた梓さん。'74年には『二人でお酒を』であぐらをかきながら歌う姿が話題に。大人のイメージに変身し、ディナーショーなども増えていった。'71年には俳優の和田浩治と結婚したが翌年には離婚。今年1月、自宅で亡くなっているのをマネージャーが発見。

最期まで尽きなかった映画への情熱
大林宣彦さん(享年82)/4月10日

大林宣彦さん。’08年には、母親との思い出を語ってくれた

  『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』の尾道三部作など、数々の名作を世に送り出した映画監督の大林さん。余命3か月と宣告されながら3年8か月、がんと闘病。最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』を完成させるなど、最期まで映像作りに情熱を燃やした。くしくも延期となった最新作の公開予定日に他界。