《私の生涯の中で最高に心に残るライフワーク。いいときに幕を下ろしてやったなって》

 7月27日、ABCラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』に出演した上沼恵美子。1995年の放送開始から25年続いた長寿番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)の終了に思いを馳せた。

 7月24日をもって突然の“打ち切り”となった同番組。事の発端は、6月29日の放送とされている。

「15年間レギュラーを務めていたキングコング梶原雄太を収録でこき下ろし、その内容が放送できないほどのものだったと言います。

 間も無く梶原の降板が発表されたのですが、コンプライアンスがきびしくなっている昨今、しかも“お得意様”である吉本興業の芸人だけにカンテレもスルーするわけにはいかず、上沼さんと話し合いが設けられたと言います。

 当初は“なんでも言うて”と穏やかに始まった面談ですが、彼女は“そこまで言われるなら辞めてやる”と激怒。取りつく島もなく番組終了に至ったと言います」(ワイドショースタッフ)

「怒り」とは程遠い気遣いの人

 関西芸能界に君臨する“西の女帝”上沼だけに、“暴君”ぶりを発揮した結果なのだろうか。しかし、一連の報道に「“えっ?”と不思議に思った」と首を傾げるのは芸能ジャーナリストの佐々木博之氏。同氏は上沼と共演を重ねている。

「番組では出演者に悪口を言ったりこき下ろしたりと怖いイメージもあると思いますが、それは仕事上のことで普段はすごく気を使う人。あまり怒る印象はなく、声を荒げたりすることもなかったと思います。むしろスタッフにも人数分の差し入れをしたりと、周囲がよく見える人ですよ

 それに、上沼さんのしゃべりがおもしろくて高視聴率をとっている番組。スタッフも気持ちよく仕事をしてほしいと思っているわけで、わざわざ怒らせるような事を言わないと思います。何を言われたのか、よほどのことでないと、あの上沼さんが“やってられない”とはなりませんよ

 とはいえ、上沼も今年4月で65歳を迎えた、いわゆる「前期高齢者」だ。近年、“キレる高齢者”が社会問題としても取り沙汰されるだけに、いくら若々しい彼女と言えども、同様に加齢によって怒りを爆発させてしまったのか……。

「アンガーマネジメントの領域から言いますと、一概に“65歳以上の高齢者の方たちが全員怒りやすくなる”とはならないと考えています」

 とは、怒り感情のケアやコントロールという側面から企業への研修やセミナーを開いている、一般財団法人日本アンガーマネジメント協会の戸田久実理事。