「ゆきちゃんは、まじめで頑張り屋さん。小さいころから仲よくしてくれて、優しいお姉ちゃんという感じ。子どものことも可愛がっていたし、ずっと気にかけていた。とても、そういうことをするとは思えない」

 そうかばうママ友だが、逮捕された容疑は尋常なものではなかった。

容疑者と内縁の夫が長男に虐待

 東京・葛飾区の風俗店従業員・沖間友紀(おきまゆき・26)容疑者は、今年1月15日から16日にかけて、自宅アパートで長男(当時3)の顔面を殴打。

 長男は、右目付近に全治1週間の頭蓋(ずがい)内損傷を負い、意識不明の重体となったが、現在は回復して児童福祉施設に保護されているという。

 さらに、1月24日には太もも付近を殴打し、打撲でやはり全治1週間を負わせたというものだった。この2件の傷害の疑いで8月5日に逮捕された沖間容疑者は、

「言うことをきかないときは叩いていた」

 と日常的な虐待を認めている。

 この長男の父親で当時、沖間容疑者の内縁の夫だった神奈川県横浜市の向山純貴(むこうやまじゅんき・26)容疑者も昨年3月下旬ごろ、長男の耳を引っ張るなどの暴行をしたとして、8月14日に傷害の容疑で逮捕された。

「ケガをするほど引っ張っていない」

 と向山容疑者は、容疑を一部否認している。

事件現場となった容疑者のアパートのベランダ。生活感が漂う……

 沖間容疑者は以前から、「育児に手間がかかる」などと区や保育園に相談。

 昨年の2月には、長男の右腕が骨折しているのを保育士が発見して、区に連絡。

 沖間容疑者は、「自転車で転んだ」と、みずからの関与を否定していたが、その後、説明が二転三転……。そのような情報が、行政で共有されているなかでの事件だった。

 一連の犯行に関して、現場アパートから徒歩10分ほどのところに住む父親は、

「弁護士から“マスコミには話してはいけない”と止められているので、何も話せない」

 と言うばかり──。