付き合ったり、別れたりを繰り返していた2人

 沖間容疑者は、葛飾区の出身で、地元の農業高校を卒業後は、旅行関係の専門学校に進学。英語が得意で、校内スピーチ大会で優勝したこともあった。

 その後は箱根で働くなどしていたが、そのころに知り合ったのが、向山容疑者。

 2年前からは現在のアパートに、沖間容疑者と2歳になった子どもと暮らし始めたが、その後、向山容疑者も転がり込んできたようだ。

「引っ越してきたころは、確かに2人だったので、シングルマザーかと思った。沖間さんは派遣会社の配膳関係の仕事をしていた。

 そのあと、男性が出入りするようになったので、“とうとう男ができたんだな”と思っていた」(同じマンションの住人)

箱根で働いていた時代の仲間と(本人のインスタグラムより)
すべての写真を見る

 2人の知人は、次のように説明する。

「向山くんは人当たりもよかったが、2人は長年、付き合ったり、別れたりを繰り返していた。

 向山くんが少しだらしなかった覚えがあるので、もしかすると赤ちゃんができてしまい、結婚する流れにはなったかと思うが、(沖間さんは)結婚は内心、したくなかったのかと思う。長男は間違いなく2人の子ども」

近隣住人が虐待を疑っていた

 そんなゴタゴタで内縁関係のまま、長男の存在がうとましくなったのか、虐待が始まった。

 近所の主婦はこう話す。

去年の秋ごろ、夜に子どもの泣き声が聞こえてきて、そのあと沖間さんが子どもを散歩させている姿を見かけた。

 それが泣きじゃくる子どもをあやすようにではなく、無理やり連れ回しているように見えたので、虐待じゃないかと思った。

 でも、もしかすると虐待ではないかもしれないので、近所トラブルになると思って、通報はしなかったんですけど」

 同じアパートの住人も、

「毎日のように泣き声が響いてきたけど、泣きグセのひどい子かもしれないので、やはり通報すればトラブルにもなりかねないし……」

 さらに、沖間容疑者は1年ほど前から、月6万円のアパートの家賃を滞納していた。

「報道で、風俗店で働いていたと知ったけど、配膳関係の仕事がなくなり、お金に困っていたのかも。内縁の夫も無職だったみたいだから、すべてひとりで稼いでいたんでしょうけど」(アパートの住人)