生存競争の厳しい芸能界で名を成して今年、デビューから節目を迎える芸能人たちがめじろ押し。

 若大将こと加山雄三はじめ橋幸夫、三田佳子が60周年を迎えた。50周年は草刈正雄、吉田拓郎、高橋惠子。高橋は節目の女優人生を「ラッキーな50年でした」と振り返った。

 40周年は松田聖子を筆頭に田原俊彦、近藤真彦ら一時代を築いた人気アイドルがそろう。30周年の福山雅治、武田真治、篠原涼子、20周年の綾瀬はるか、長澤まさみらの活躍ぶりは説明不要。20周年記念ツアーを控えた倖田來未は「自分には音楽しかない。ファンがいてくれたから」と語る。

 デビューから長きにわたってエンタメ界を盛り上げているメジャーな顔ぶれを秘蔵ショットとともにお祝い!

60th year
1960年デビュー

“還暦”若大将!
加山雄三

加山雄三。デビューから2年、'62年に撮影

 映画『若大将』シリーズで人気を博し愛称に。湘南育ち、慶應ボーイの経歴も注目された。歌手として『お嫁においで』『海その愛』などヒット曲多数。音楽活動に意欲的に取り組む

“好事魔多し”経験
三田佳子

三田佳子。NHKプロデューサーと結婚した'74年に撮影

 映画、テレビ、舞台と幅広く活躍。ドラマ『外科医 有森冴子』シリーズや大河ドラマに主演し、高額納税者の常連に。息子の不祥事でバッシングを受けたが、最近は老齢な役で新境地も

元祖“御三家”
橋幸夫

橋幸夫。日本レコード大賞曲『子連れ狼』発売の'71年に撮影

 中学2年より作曲家の遠藤実に師事。16歳のときに『潮来笠』でデビュー。舟木一夫、西郷輝彦とともに“御三家”として人気に。吉永小百合とのデュエット曲『いつでも夢を』がヒット

50th year
1970年デビュー

モデル出身俳優の草分け
草刈正雄

草刈正雄。資生堂専属モデルとして人気を集めていた'72年撮影

 資生堂CM『MG5』でデビュー。モデルからイケメン俳優として人気を博す。近年は、大河ドラマや朝ドラでの味のある脇役が好評。3年前には初めて写真集を発売し話題に

'70年フォークの象徴
吉田拓郎

 学生時代からシンガー・ソングライターとして活動し、『イメージの詩』でデビュー。『結婚しようよ』『旅の宿』などがヒット。'70年代のフォークソング全盛期を牽引した

“関根”から“高橋”が転機に
高橋惠子

高橋惠子。『太陽にほえろ!』などに出演していた'74年に撮影

 半世紀にわたる女優人生を振り返ってもらった。

スカウトされて3年やってもダメだったら(故郷・北海道に)戻ろうと思っていたので、こんなに長く続けられるとは思いませんでした。人に恵まれ、作品に恵まれ、ラッキーな50年だったと思います」
 
 15歳のときに主演映画『高校生ブルース』でデビューし、妊娠する女子高生を体当たりで演じ注目された。人気女優として活躍するなか27歳で結婚。関根恵子から高橋惠子に名前が変わり転機になったという。

関根時代は、大胆に脱ぐ女優、恋多き女といったレッテルを貼られ作られたイメージでしたが、高橋になってからは自分らしく仕事ができるようになりました
 
 42歳から舞台にもフィールドを広げ、読売演劇大賞などを受賞。12月には舞台『オリエント急行殺人事件』の出演が控えている。今後は、女優だけでなく新たなことに挑戦したいと、17歳のときに多忙で断念したフランス語の勉強を始めた。

「70歳までに話せるようになって、以前から思っていた日本の文化を海外に伝える活動をしたいです。103歳まで生きる予定なので、死ぬまで好奇心を持って、ワクワクしたいと思います

“人生100年時代”の女優となる。