「息子が、人を殺した……」ある日、突然“加害者の家族”になった人たち。その実態は、どこにでもいるごく平凡な家族だった。凶悪事件も含め、200件以上の殺人事件の家族を支援してきたNPO法人World Open Heartの理事長・阿部恭子さんがレポートする。

「息子が、人を殺した……」

 警察署から乗り込んだタクシーの中で、茫然と呟く妻の手を夫は強く握りしめた。

 麻衣(仮名・40代)は、ふたりの子を持つ専業主婦で会社員の夫と4人、平穏な生活を送っていた。その日も、いつものように4人で夕飯をすませ、散歩に行くという高校生の息子を送り出した。

 帰りの遅い息子が気になりだしたころ、自宅の電話が鳴った。娘が電話に出ると、警察からだという。まさか、息子が事故にでも遭ったのではないか……。麻衣が急いで電話を代わると、受話器の向こうから、信じられない言葉が聞こえてきた。息子が、殺人容疑で逮捕されたというのだ。

ある日突然、息子が殺人犯に

 息子は夜道に、帰宅途中の女性を持っていたナイフですれ違いざまに刺して死亡させたという。犯行の動機について、「突然、人を殺したい衝動に駆られた」とだけ供述していた。警察から何度聞かれても、私たちに思い当たることなど浮かばなかった。

「急いで、時間がない」

 夫はタクシーを待たせたまま急いで家の鍵を開けると、ボストンバックに荷物を詰め込んだ。まもなく自宅には報道陣が押し寄せる。その前に避難するよう警察から助言されていた。通帳と数日間の着替えだけを持って、麻衣と夫は繁華街へ向かった。ふたりは安宿を見つけて駆け込み、娘は夫の実家に避難させた。

「〇〇町で起きた通り魔事件、犯人は高校生ーー」。スマホを見ると、息子の事件がトップニュースになっている。昨日まで何事もなく暮らしていた自宅の周りには、夥しい数の報道陣が詰めかけていた。

 インターネットには、あっという間に事件に関する書き込みが溢れ、すでに夫の会社や娘が通う中学校の情報まで特定されていた。もう、元の生活には戻れない……、麻衣がそう感じたとおり、一家が再び自宅に戻る日は来なかった。