日々、発生する事件や事故。そこには当然、被害者と加害者が存在する。そして彼らには当然「家族」がいる。加害者家族といえば、マスコミが集まる自宅前で泣き崩れ、謝罪する姿が思い浮かぶが、報道されるのはそこまで。そのあと、どんな苦しみが待ち受けているのだろうかーー。凶悪事件も含め、200件以上の殺人事件の家族を支援してきたNPO法人World Open Heartの理事長・阿部恭子さんが、レポートする。

 仁美(仮名・30代)は、いつものように慌ただしい朝を迎えていた。小学生のふたりの子どもたちを学校に送り出すと、自宅の前に車が止まっていることに気が付いた。すると、中からふたりの男性が現れた。

「警察です。ご主人はいらっしゃいますか?」

 仁美は、慌てて身支度を整えている夫を呼びに行くと、特別驚いた様子もなく、

「ああ、ちょっと仕事でトラブルがあって……。夕飯までには戻るから」

 そう言うなり、夫は鞄さえ持たずに止まっている車に乗り込んでいった。これが、仁美が夫を見た最後の姿になった。

気が付かなかった夫の裏切り

「強制わいせつ3件、住居侵入も……。まだ、余罪はあるとみています。常習犯ですね」

 翌日、夫が逮捕されたという連絡を受け、仁美は警察署にいた。夫は早朝や夜間に、ひとりで歩いている女性の後をつけ、抱き着いたり、身体を触って逃げるといった痴漢行為を繰り返していたのだった。
 
 まさか、あの人が……。伝えられる事実のすべてが、仁美には想像もできないことだった。

「セックスレスでしたか?」

 男性の警察官から唐突に立ち入った質問をされ、仁美は恥ずかしさで顔を上げることができなかった。

「子どもが生まれてからはずっと、夫婦生活はありませんでした」

 仁美と夫は職場で知り合い結婚。仁美は結婚を機に退職し、二人の子どもが生まれた。夫は穏やかで真面目な性格。交際していたころから浮気の心配などしたことがなかった。夫婦生活が途絶えていたからといって、仲が悪かったわけではない。

 子どもが生まれ、自然と求め合うことがなくなっていた。平凡だが幸せな日々を送ってきたはずなのに、夫はなぜ破廉恥な行為に手を染めてしまったのか……。