結婚しても親と同居したい

●竹内勇人さん(42歳・自営業=仮名)

実家から出るメリットがわかりません」と語る竹内さん。

「親との同居は当たり前だと思っていたし、出ていく理由もないからひとり暮らしは考えたこともありません。親からも出ていけと言われたこともないです」

 竹内さんは現在、首都圏の実家で70代の両親と暮らしている「子ども部屋おじさん」だ。会社員として働いていたときも実家から通った。今は自宅でユーチューブで配信をしたり、ゲームを自作し、ダウンロード販売をするなどして収入を得る。

家賃もゼロだし、お金のことを考えても実家暮らしのほうがいいと思うんですが……特に不便もないですし

 竹内さんの部屋には懐かしいアイテムが数多く残る。学習机はもちろん、一世を風靡したビックリマンシール、スーパーファミコンなどのゲーム機や攻略本など、まるで'90年代にタイムスリップしたような錯覚に陥る。

 竹内さんの生活は家事や食事は両親が準備。洋服も母親が買ってきたものを着る。子どものころのまま時間が過ぎていったという。

子ども部屋おじさんについて語る竹内さん
すべての写真を見る

「現在、生活の大半は父親の収入に頼っています。親も高齢になるので将来のことなども考えていかないと、とは思っています」

 目標は自作するゲームを販売してヒットさせること。

稼げれば新居を建て、そこで親と同居しますそのときはこの部屋を丸ごと持っていきたいですね(笑)

 そんな竹内さんの結婚観について聞いた。

「親に孫の顔を見せたいとは思っています。でも収入がないし、実家暮らしだと相手を探すのは難しい」

 たとえ結婚しても、

うちで同居したいと思ってるんですこの家、この部屋が重要なんですよね(笑)

 それほどにまで強い愛着を持つ竹内さんの子ども部屋。思い出があふれ、確かに居心地はよさそうだった。