一般社会とはかけ離れた華やかな世界で生きる芸能人たち。そのせいか、世間を驚かせる衝撃発言&仰天行動で耳目を集めることもしばしば……。私たちの心をざわつかせた芸能人の衝撃告白について、人生経験豊富な岩井志麻子さんと心之♂友也さんにお聞きしました!

全員が、吉本新喜劇ばりにズッコケた

 数ある“衝撃告白”なかでも、岩井さんが「最高の記者会見」と評しているのが、落語家・初代林家三平の長女、海老名美どりの会見だ。1991年に「緊急発表」と題したファックスをマスコミに送って盛大な記者会見を開いたが、その内容は“ミステリー作家デビュー”という肩透かしなものだった。

「後にも先にも、彼女の『緊急発表』に勝るものはないと思います。あの場にいた、ワイドショーのレポーターや週刊誌の記者全員が“峰竜太との離婚会見だろう”と思って参加したのに、発表されたのは『ミステリー作家デビュー』! 全員が、吉本新喜劇ばりにズッコケたはずですよ。正直、あの会見の“どうでもよさ”を超える内容が思いつきません」

 もしもマスコミの狙いどおり離婚会見だったなら、忘れさられていたはず。本人が真剣に会見に臨んだ結果、歴史に残ってしまったようだ。

 海老名美どりの妹・泰葉も、話題には事欠かない。彼女は自身のCD制作費と称してクラウドファンディングで資金を集めたが、残念ながら未達成に終わった。しかも悪びれもせず「生活費に使った」と発言したため批判を浴びた。

泰葉

「泰葉さんの『フライデーチャイナタウン』は名曲。歌は本当にうまいけど、いくらなんでもぶっ飛んでますよね。ただ、彼女は実家にお金があるので、面倒を見てくれる人もいるはず。天国のお父ちゃんは『冗談はよしこさん』と言っているかも。

 何より、林家正蔵・三平の笑いのセンスのユルさを見ていると、海老名家の落語家の血は姉妹のほうに色濃く出てしまったな、としみじみしますね」(岩井)