「自分が監督をしているのを知ってくださっていて、そのうえでオファーをいただいたことがうれしかったですね」

『踊る大捜査線』シリーズなどのヒットメーカー、本広克行監督がメガホンをとった『ビューティフルドリーマー』で主演のサラを演じている小川紗良

 男女6人の映画研究会のメンバーが、いわくつきの台本の映画製作に挑戦する物語。劇中、監督を務めるサラのように小川自身も大学生時代に監督を務め、発表した作品が話題となった。

時や文化を超え残る映像に魅了されて

「高校生のときに学校行事のドキュメンタリーを撮ったことがきっかけで映像にハマっていきました。

 映像でもドラマとかCMとかたくさんありますが、その中でも映画という表現を選んでいる理由は、残っていくものだからなのかなと思っています。

 例えば、名画座に行くと、自分が生まれるよりもずっと前の作品に出会えて、それが生涯心に残っていく。そういう、時とか、文化とかを超えて残るところが魅力なのかなと」

 撮る側と撮られる側、どちらの視点も持っている小川に、一緒に仕事をしてみたい人を聞くと、

「う~ん……。朝ドラ『まんぷく』でヒロインを演じられた安藤サクラさんですね。娘役をやらせていただいたので、近くで拝見することができて。

 ご本人の人柄もすごく素敵ですし、演じていた“お母ちゃん”みたいな感じも魅力的で。だから、俳優としても監督としても、いつか、またご一緒できたらいいなと思っています。実現できるまでに、私ももっと上達しないといけないですけど」

映画『ビューティフルドリーマー』映画実験レーベル『Cinema Lab』第1弾作品。小川や神尾楓珠らが即興で演じた最後までワクワクが続く青春作品で、アニメ映画史に残る傑作『うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー』へのオマージュが強く感じられる。配給:エイベックス・ピクチャーズ(c)2020映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会