テレビで長く生き残るという意気込みはない

 番組司会のマツコ・デラックスは「この人に課せられた使命は大きい」とフワちゃんに大きな期待を寄せている様子。それだけに、今のようにいろいろな番組に少しずつ出るのではなく、腰をすえて冠番組をやってほしいと願っているそうです。フワちゃんは子ども番組をやりたいそうですが、新しいことをやるのは簡単ではありません。「前例を見ないことをやっていきたいのに、鈴木奈々の背中が見える」と話していました。

 そんなフワちゃんにマツコは「人を選びなさい」とアドバイスしています。「フワちゃんのことをちゃんと思ってくれる、フワちゃんでこういうテレビを作りたいというのがしっかりしている、ちゃんと企画を考えてくれる人とやって、子どもたちがフワちゃんの出てるテレビを観てるって状況を作ってほしい」と「テレビで成功する方法」をレクチャーしていました。

 フワちゃんはまじめに聞いていましたが、「(テレビの世界に)しつこくしがみつくとか、長く生き残るぞとかいう意気込みではない」「海外に行って売れたい」と、芸人としての夢の最高峰がテレビとは限らないと明言しています。

若い世代にとって「大御所芸能人」とは

 テレビが至上でないように、若い世代にとっては、「大御所」の意味も変わってきているのではないかと思ったことがあります。高い再生回数を誇るとんねるず石橋貴明のYouTube『貴ちゃんねるず』。「恋ができない女芸人・大久保佳代子ほか大集結」として、オアシズ・大久保佳代子の後輩オンナ芸人が石橋に恋愛相談をするという回がありました。

 ここに男女コンビで漫才をする、おとぎばなし・吉田治加が出演しますが、私は心底驚かされたのでした。自己紹介で吉田が「オカリナ漫談をやっていたんですけど、今日、ちょっとオカリナ忘れてきちゃいました」と言ったのです。

写真右がおとぎばなし・吉田治加(プロダクション人力舎のホームページより)
すべての写真を見る

 私の感覚から言うと、石橋と共演できるというのは千載一遇のチャンスであり、一生に一度あるかないかの晴れ舞台です。このような状況でオカリナを忘れるなんてありえないことですし、万が一忘れたとしたら、どうにかしてなんとかして誰かに持ってきてもらうか、調達すると思います。

 忘れ物をするというのは、自らのチャンスをつぶし、仕事に対する真剣みがたりないと石橋に思われるだけでなく、先輩である大久保さんにも失礼な行為ではないでしょうか。後輩に対する大久保さんの指導がなっていないと思われる可能性があるからです。

 ところが、本人は別にさして気にしていない様子。それはなぜかというと「大御所」の意味するところが違うからだと思うのです。