お笑いから映画の世界へと移り、はじめは一出演者だったけど、自分でつくることに挑戦したことがまずユーチューバー的。そして、監督、ディレクター、編集、カメラマン、音声……すべてのパートで自分の持ち味を出そうと欲ばり、一定の評価を得てまた新しいものに向かう。

 芸人というレバレッジを利かせて映画をつくり、そこでもちゃんと自分らしいワガママな作品を発表するから映画人としても認められ、どんどん自分の新たな一面を増やしていく。特定分野のスペシャリストであることにこだわっていないのです。

 一点突破でとがっている人はいずれ飽きられて終わりを迎えてしまうので、多方面なもの・ことに自分の興味の対象を広げられることがすごく大事になります。実際、テレビタレントや映画制作以外にも、絵を描いたり小説を書いたり、いろいろなことに挑戦して、それぞれで結果を出しています。

(出典:『メディアシフト YouTubeが「テレビ」になる日』)/東洋経済オンライン
すべての写真を見る

 北野武さんってきっと、“面白い”で終わりたいんじゃなくて、自分の世界をつくりたい人。それはまさにユーチューバー的!

 また、自分で自分のやることに責任を持つ、という点もユーチューバー的。実際、北野武さんはさまざまなことを自分で背負いますよね。たけし軍団を立ち上げ、独立事務所をつくり、自分の信念を貫き通すためならテレビに出られなくなってもしょうがない、と講談社『フライデー』編集部を襲撃したり……。

炎上をプラスに変えていける強さ

 さらに言えば、炎上もすべてプラスに変えていけるのもユーチューバー的。今の若い子たちがやっている「炎上系ユーチューブ」は、みんなたけしさんが過去に手がけた「お笑いウルトラクイズ」や「天才・たけしの元気が出るテレビ」「スーパージョッキー」「風雲! たけし城」といったお笑い番組がネタの原型なのです。クリエイティブで自分の城を築き上げ、純粋にクリエイティブと向き合って、納得できないことはやらない。

 北野武さんがこれまでやってきたこと、そして生き様を振り返ると、今の若いユーチューバーに対して世代間ギャップがあって理解しづらいミドル層の方でも、グッと親近感が湧いてくることでしょう。

 “元祖ユーチューバー”北野武さんが芸能界で天下を取ったように、今やトップ・ユーチューバーにもなると社会的な認知度も大きくなってきています。ユーチューバーでトップになることが目標ではなく、ユーチューバーとして手にした知名度を生かしてアーティストになったり、実業家になったりと、いろんな人が出てきている。

 例えば、DJグループの「レペゼン地球」(チャンネル登録者数247万人)はユーチューブがきっかけで有名になり、今ではアーティストとしてZeppや幕張メッセを埋めるほどの人気ぶり。