「目標であった2020年に、再々演というかたちでステージに立つことができるのはとてもうれしいですね。草なぎくんも香取くんも“よかったね”って言ってくれて。実際に舞台が始まったら、どこかのタイミングで劇場に来てもらえたらと思います。舞台の中では僕の代表作というか、最低でもベートーヴェンが亡くなった56歳までは演じ続けたいです。ゴローだけに(笑)

 ベートーヴェン生誕250周年となる今年。“第九”で知られる『交響曲第九番』など数々の名曲を生み出した偉大な作曲家の生涯を描いた舞台『No.9―不滅の旋律―』が12月13日から上演。主演の稲垣吾郎は'15年、'18年の上演に続き2年ぶり3度目のベートーヴェン役を演じる。

ベートーヴェンは僕と真逆の人間

「ベートーヴェンといえば、孤高の天才であったり、よく音楽室にある肖像画の睨みつけているような顔とか、みんな最初はそういうイメージですよね。でも、演じてみて人間味があり愛に満ちている一方で、自分がこう思ったものに対しての執着心がすごいんです。

 僕は無色透明の人間というか、執着心のない全く逆の人間。この間、フォトエッセイを出させていただいたんですが、帯に書いてあるのが“やりすぎない、でしゃばりすぎない“ですから(笑)。すごい帯ですよね。僕的には気に入ってるんですけど」

稲垣吾郎 撮影/伊藤和幸

 共演にはヒロイン役に剛力彩芽など前回からのキャストが再集結。

「剛力さん演じるヒロインは女性としての生き方とか、いちばん変わるすごく難しい役。僕が女優だったらやってみたいです。やはり女性の視点も大事だと思うし、自分が女性だったら、こんな役やりたいって考えたりするんですよ。

 たまに取材などでも、“僕、おばちゃんです”と言ったりするんですが、もしかすると中性というものを心がけているのかも。もともとグループにいたし男性ばかりに囲まれていたからかな。うまく言えないんですけど、無意識にそうなった感じですね」