娘に言われた言葉

 娘の百々果(ももか)も大学生となって子育ても一段落し、「再婚しないの?」と聞かれることもあるけど、まったくその気がないんです(笑)。もう何年も恋人はいませんね。意外に思われるかもしれないけど、もともとそんなに恋愛経験が多いほうではないの。40代になってからはますます面倒くさくなっちゃって(笑)。

 今では、朝からメールで「おはよう(ハートマーク)」とか、夜は「おやすみ(ハートマーク)チュッ」とか、なんだかバカみたいって思っちゃう(笑)。

 7年前に父の人工透析が始まって、私自身、身も心も疲れていたとき、母から「こんなとき、あなたを支えてくれる男の人がいたらね」って言われたことがありました。でも私は逆。「こんなとき恋人なんていたら大変。相手してるヒマない、いなくてよかった」って心から思ったんです(笑)。頼まなくても困っていることに気づいて、なんでも助けてくれるスーパーマンみたいな人がいるなら別ですが、そんな人はいませんから。

 恋人って、絶対に必要ですか?

「彼氏が欲しい!」とか「結婚したい!」というのは、「誰かに頼りたい」という思いから出てくるんじゃないのかなあ。私はひとりが好きだし、なんでも自分で決めたい人間。驚かれるけど、ヘアメイクもスタイリングも全部自分でやるし、ひとりで運転してどこへでも行きます。人に頼ること自体があまり好きじゃない。

 だから今は、恋人が欲しいとも思わない。それに、父の介護を2年間やって大変な思いをしたから、これから年上の男性と再婚なんてしたら、すぐに夫の介護が始まりそう (笑)。母にそう言ったら「ああ、そう思っちゃったのね」って(笑)。

 それでも百々果からは「一度でいいから、ママのことを好きになってくれる男の人と付き合ってほしい。ママはいつも自分から好きになるからダメなんだよ」と言われたことがありました。私の恋愛遍歴をメディアで見てわかっているからだろうけど、すごいこと言うでしょ(笑)。

 でもたしかに、私は親切にされたら、すぐにいい人だと思ってしまうんです(笑)。きっと、父が浮気するような人だったら、私も男性に対して逆に気をつけたと思うんですよね……。

 結婚前の父はすごく遊んでいたと思うんですけど、私が生まれてからは一度も浮気や不倫なんてしたことがないと断言できます。両親のケンカは小さいころから見てきたけど、女性関係が原因だったことはない(笑)。なにしろ仕事が終わったら、伝書鳩(ばと)みたいにまっすぐ家に帰ってくるから「もうちょっと遅くなってもいいのにね」って母と話してたぐらいです(笑)。

構想10年、やっと形にできた

 そんな父がいなくなって、悲しみに暮れていた母もお友達に囲まれてようやく元気が出てきましたし、娘も私に似たのか、ひとりで暮らしてみたいと言って海外の大学を選びました。今の私は、お仕事とワンちゃんがいればいい。

 いま真剣に取り組んでいるのは、新しくプロデュースしたアパレルブランド『anmo closet』のこと。まずはカシミヤ100%のセーターとストールを作りました。今後も『anmo closet』ではデザインはもちろん、素材から選び抜き、自分のこだわりだけで作り上げていきます。構想10年、やっと形にできて、とてもうれしく思っています。

素材にこだわったカシミヤ100%のセーターとストール。枚数に限りがある限定商品(次のページで他の写真もご覧になれます) 撮影/佐藤靖彦
すべての写真を見る

 人に喜んでもらえて、自分のライフスタイルとも通じるような、本当によいものを追求して作り続けていきたい。いずれはスキンケアのラインナップも発表したいと思っていて、忙しい毎日を送っています。
 
 私はこれからも、他人からどう見られるかではなく、自分で自分を認められる人間でいたい。そのためにも、嘘をつかず、自分自身に正直に生きていきたいと思っています。

◎取材・文/植木淳子

<PROFILE>
梅宮アンナ モデル・タレント。1972年8月20日生まれ、東京都出身。O型。父は’19年12月12日に慢性腎不全で亡くなった俳優の梅宮辰夫さん(享年81)。母はタレントの梅宮クラウディアさん。ファッション誌『JJ』の看板モデルとして活躍後、女優に転身。’01年に結婚、翌年に百々果さん(18)を出産し、直後に離婚している。’20年12月、オンラインで展開する新ブランド「anmo」を発表。
◎anmo official
https://anmo-official.com
◎anmoオフィシャルインスタグラム
https://www.instagram.com/anmo.official/