「夫唱婦随」という言葉がある。夫が言い出し、妻がこれに従う。インタビュー記事などでこの言葉を見ると、素直に受け止められない。妻が眉間にシワを寄せて、いろいろなモノを飲み込んで、しぶしぶ従っているんだろうなと想像してしまう。逆に、婦唱夫随だとしても、妙な違和感がある。従うテイを装う夫に、ろくな男はいない。夫婦は対等な関係がベストだと思うのだが、芸能界にはさまざまな形があるようだ。(コラムニスト・吉田潮)

「婦唱夫随」の謝罪でも大ヤケド

 芸能界の一連の不倫騒動が、師走にきて再燃した。

 ひとつめは「アンジャッシュ・渡部建、とってつけた謝罪会見」である。12月3日に急きょABEMAnewsで会見を開いた渡部。前半は女性レポーター陣が矢継ぎ早に質問を浴びせ、不貞行為を糾弾した。渡部は「不適切な場所」と濁したものの、女性レポーター陣は許さない。女性を呼び出して多目的トイレを不埒に利用、しかも1万円を渡してメールを消すよう指示した狡猾さに対しての怒りを突きつけた。

 ひとりの女性レポーターが渡部の行為を「ゾッとする」と表現したのだが、この騒動の肝はまさにそこな。妻の尊厳を貶める不貞行為だけでなく、女性を見下しぞんざいに扱い、己の性欲処理をした傲慢さ、つまり「女性蔑視」が世の女性の怒りを買ったのだ。

 妻の佐々木希からは「今までの生き方が間違っていた」と言われたそうだ。実際の文言はわからないが、たぶん「女をなめんなよ」だろう。女性蔑視がデフォルトのお笑い芸人の世界では許されるかもしれないが、今の世の中では通用しないぞ、と。

 会見後半は男性記者の怒号とギャグ合戦も飛び交う。謝罪する前に水面下で復帰を目論み、番組の収録もしていたと報じられたことに対しても、しどろもどろな渡部。記者からは「僕らもガキの使いじゃないんで」と皮肉もぶつけられる。

12月3日、都内で行われた謝罪会見で問い詰められ、天を仰ぐ渡部建

 1時間41分も質問を浴びせ続けられ、みるみる生気を失っていく渡部。人気長寿番組のMCとして、脂っけ過多で仕切っていたころの影も形もない。会見中、100回以上「本当に」を繰り返した(数えるのを途中であきらめた)ので、「ホントウニ」という言葉のゲシュタルト崩壊が起きるほど。とてもみじめで、気の毒にすら思える。

 魂も脂っけも抜けきった渡部の後ろに、うっすら見えてくる3つの大きな影。妻の所属事務所で「不倫夫を許さない」スタンスを貫き、泣く子も黙るトップコート、ここ数年、不倫の禊の場を提供し続ける年末特番を制作する日テレ、お笑い芸人界の天皇・ダウンタウンの影が。泣く泣く仁義を切った(渡部が所属する事務所の)人力舎に思いを馳せないわけにはいかない。

 何ひとつ落ち度のない妻・佐々木が改めて謝罪するも、逆に「謝らんでええ」と怒られちゃう始末。佐々木の評判ですら下げかねない事態へ突入。男性蔑視の言葉を使うならば、完璧な「さげチン」である。長年、女性を見下してきた罪は重い。