「11月28日、高畑裕太さんがツイッターで撮影現場への復帰を宣言しました。今年8月には自身の公式サイトを立ち上げていますし、芸能活動を本格的に再開するようです」(スポーツ紙記者)

 彼は女優の高畑淳子の長男で“2世タレント”として活躍していた。

「'15年の朝ドラ『まれ』で主人公の幼なじみ役でブレイクし、持ち前の体格のよさと天然キャラで人気を得ました。彼は淳子さんと事実婚状態だった俳優の大谷亮介さんとの間の子。姉の高畑こと美さんも女優ですから、役者一家ですね」(芸能プロ関係者)

 デビュー早々、順風満帆だった俳優人生が一転したのは、'16年8月のことだった。

「強姦致傷容疑で逮捕されました。映画『青の帰り道』の撮影で宿泊していたホテルで、深夜に女性従業員へ歯ブラシを部屋に届けるよう要望。客室へ届けに来たところで無理やり部屋に連れ込み、性的暴行を加えたと警察が発表しました」(前出・スポーツ紙記者)

 後日、被害者との間で示談が成立。同日には不起訴処分となったが、“歯ブラシ騒動”の影響は大きかった。

「事件の4日後には日本テレビ系の『24時間テレビ』で生放送の番組パーソナリティーを務める予定でしたが、急きょ降板になるなど多くの番組や映画が対応に追われました」(テレビ局関係者)

かつて母・敦子は芸能界復帰を否定していたが

 芸能活動を自粛した彼は、後に遺品整理のアルバイトをしていることが報じられた。

 '18年6月に、週刊女性が裕太を直撃取材した際は、劇団の裏方として働いていることを認めつつも、芸能界復帰については言葉を濁していた。とはいえ、やはり夢は諦められなかったようだ。

「'19年8月に、芸能活動を再開しました。脇役でしたが、下北沢の小劇場で舞台に出演したんです」(舞台関係者)

ツイッターで復帰宣言をした高畑裕太

 今回の復帰宣言も、家族のバックアップで実現できた。

姉のこと美さんも彼にふさわしい仕事のオーディションを紹介していたようです。SNSに投稿していた撮影というのもその中のひとつでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 芸能関係者との縁も、まだ切れてはいない。

「裕太さんは事件後にダンサーの菅原小春さんと交際するなど芸能人たちとの交流は続いています。彼のホームページに掲載されている写真も、菅原さんと親しいカメラマンが撮影したものです」(同・芸能プロ関係者)

 夢に向かって1歩ずつ前進しているようにも思えるが、かつて淳子は裕太の芸能界復帰を否定していた。

事件後の記者会見で、“いつか芸能界に戻してあげたいという気持ちはあるか”という記者からの質問に対して“してはいけないことだと思っています”と答えていました。とはいえ、女手ひとつで育てた裕太さんを可愛がり、芸能界デビューのときは多くの関係者に働きかけていました。本心では俳優に戻ってほしいと思っているはずです」(前出・スポーツ紙記者)