若手イケメン俳優が“よくぞ!”の大集結。『ツナガレラジオ〜僕らの雨降Days〜』が2月11日公開に。主要キャストである西銘駿&飯島寛騎に話を聞くと……。

ともにジュノンボーイ出身

――週刊女性の撮影中も、とっても仲よさそうでしたが?

西銘「めちゃくちゃ仲よしだよね!」

飯島「まあまあ」

西銘「まあまあなんて、やめて〜」

飯島「よろしくお願いします(笑)」

――本作は、夢に破れた10人の若者が、今はなきラジオ局を復活させるべく奮闘する青春物語。

飯島「出演者、みんなカッコいいんですよね。若さのパワーがあふれた作品です。現場でも、それを感じました」

西銘「映像ではキラキラして見えるけど、僕は必死でした。やっぱり目立ちたい10人が集まった集団でもあるから、切磋琢磨というか。負けるわけにはいかないというか。その中でも、みんなそれぞれの色がはっきり出ていると思います」

西銘駿(右)と飯島寛騎(左) 撮影/吉岡竜紀

飯島「そして、誰もが周りをつぶしてないしね。そんな全員の必死さが、僕は面白かったです」

――2人はともに『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のグランプリ獲得が芸能界入りのきっかけ。所属事務所も同じで、そろって『仮面ライダー』に主演(西銘は『仮面ライダーゴースト』、飯島は『仮面ライダーエグゼイド』)している。共通点が多いぶんライバル心も?

西銘ライバル、と思ってないわけはないよね?」

飯島「もちろん」

西銘「やっぱりお互いが、今やっている仕事に敏感なんじゃないですかね? 飯島くんが頑張っていたら“ヤバイ、頑張らなきゃ”っていう気持ちにすごくなる」

飯島「俺は頑張るより、楽しむっていう感じかな。肩の力が入りすぎたらパンクしちゃうから。楽しく頑張りたい」